ピクシブ百科事典

てのひら開拓村で異世界建国記

てのひらかいたくむらでいせかいけんこくき

「てのひら開拓村で異世界建国記」とは、MF文庫Jから刊行されているライトノベルである。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは「てのひら開拓村で異世界建国記~増えてく嫁たちとのんびり無人島ライフ~」。
星崎崑氏原作のライトノベル。作画はあるや氏。既刊5巻。
ヤツタガナクト氏によりコミカライズもされている。既刊2巻。

チート能力を持って異世界転生した少年が主人公のいわゆる「なろう系」作品ではあるが、小説家になろう投稿の作品ではない完全書き下ろし。

主人公たちは半ば世界を敵に回している立場であり、チート能力をもってしても状況は厳しく、それをいかに切り抜けていくかが主軸となっている。
なお、副題に「~増えてく嫁たちと」とあるが、主人公たちの年齢が低めなせいか、いわゆるお色気シーンは抑えめになっている。

あらすじ

現代日本で病弱が原因で夭折した少年は異世界で転生した。
捨て子だった彼はその世界の宗教「ファーレー教」の神官に一緒に捨てられていた少女と共に拾われ、「カイ」と名付けられる。

その世界の人間の中には十三柱の神々から「祝福」という能力とその証である「聖印」を授けられる者がおり、カイと義妹のルキアも祝福者であることが判明。

本来は12歳で受けられる「祝福の儀式」までどの神の祝福かは不明なのだが、カイはあの手この手で自分の祝福が「アラミラ」神の「てのひら開拓村」であることを突き止める。前世で大好きだった箱庭ゲームにそっくりの開拓村を育てながら、一人前になり養父に恩返しすることを願っていた。

しかし、祝福の儀式の日に状況は一変する。担当の神官に聖印を見せたところ、カイは拘束されて島流しにされてしまう。実はファーレー教ではアラミラ神は「邪神」とされて祝福者は排除されていたのだった。

流された島は凶悪なモンスターが生息している無人島。生存は絶望的と思われたが、カイは開拓村の能力をフル活用し、島で出会った人造人間の少女「アビス」の助力もあり生き延びる。
そしてカイとアビスは、開拓村の能力で生まれた小人「戦士君」や狐耳の魔導士「レン」、カイの一年遅れで島に流されたアラミラの祝福者の少女「カエデ」、戦争で故郷を失った小国の王女「ユーリ」や元側近の「サラ」をはじめとする居場所を失った者たちと共に島に国を作ることを決意するのだった。

主な登場人物

  • カイ・ハスクバーナ

主人公の少年。現代日本で病死し、異世界転生した。
前世では箱庭ゲームをよくプレイしていた。
12歳で島流しにされるも、それにめげることなく周りに助けられながらも前向きに生きる。
所持している祝福は、箱庭ゲームそっくりの世界に移動し、自由に開拓できる「てのひら開拓村」。外の世界から様々な素材を持ち込むことで発展し、定着した物はほぼ無尽蔵に現実世界に取り出せる(例えば、果物を持ち込めば果物が、麻を持ち込めば麻からできるロープや布が取り出せる)ため、食料の確保などに役立てている。

  • アビス(メイン画像右)
カイが無人島で出会った少女。
かなりの美少女なのだが、白い髪と小さな角を持つ。これはファーレー教では「悪魔」にそっくりな見た目。
カイが来るより以前に島流しにあった子供達を何度も助けようとしたが、その容貌から全員が彼女を拒絶したり逃げたりし、最後にはモンスターに食い殺されたりしており、誰も助けられなかったことを悔いていた。
正体は人間ではなく、大昔に実在した魔法使い「アビス」を模して千年ほど前に造られた戦闘用の人造人間『レプリカント・アビス』。何故か58年前に突然起動し、島で一人暮らしていた。体と服はいわゆるナノマシンでできており、戦闘時などには大人の姿になれる。ただし、戦闘用であるためか「ひとりで好きに生きる」ように作られておらず、本能的に主を求めている。
初めて自分を怖がらないで受け入れてくれたカイを「マスタ」と呼んで慕っている。

  • エネル
開拓村を管理するアドバイザーエルフ。カイが現実世界にいる間は彼女が村を管理している。村のレベルアップ方法を教えたりと、ナビゲーターも務める。明るい性格で食いしん坊。

  • 戦士君(メイン画像左)
開拓村のレベルアップの特典でエネルからもらった「創造の種」を現実世界で植えたところ誕生した小人。「オサ」としか喋れない。見た目は二頭身だが力持ち。種から生まれたからか、自分を土に埋めることで増殖する。

  • レン
エネルからもらった金色の創造の種から生まれた狐耳と狐尻尾を持つ和服姿の少女。自称「獄炎の大魔導士」で一人称は「わたくしちゃん」。カイのことは「マイロード」と呼ぶ。ややテンションの高い性格だが、敵対する者には容赦がない。
獄炎の大魔導士を名乗るだけあり、炎の魔法が得意で、戦闘能力はアビス以上。

  • カエデ・エンフィールド
カイの一年遅れで島に流されてきた少女。カイと比べてやや幼い感じだが理解力は高く、カイやアビスともすぐに打ち解けた。
カイと同様アラミラ神の祝福者であるが、人形などに一定時間命を吹き込む「仮初の命」というカイとは別の祝福を授かっている。島流しにされたときに持っていた人形の「ゴモちゃん」と「メレちゃん」を大事にしている。

  • サラ・ビアンキ
戦争で滅ぼされた小国「モンディアル公国」の元近衛魔導師。メインキャラでは珍しい大人の女性。色々と抜けているがお人よし。後述のユーリの事を内心では妹のように思っている。
ユーリたちと共に滅亡した祖国から逃亡中に奴隷商人配下の傭兵に捕らえられた上に専用の首輪で魔法を封じられてしまい、それでもユーリを助けようと単身逃走したところで、開拓村の資材集めのために島から出ていたカイとアビスに助けられ、藁にも縋る思いで「自分を売ったお金で姫を助けてほしい」と頼み込む。
開拓村の能力を駆使したカイの作戦により自分を含めたユーリ達の救出に成功し島に移住。魔封じの首輪はそのままのため、料理などの家事を主に受け持つ。

  • ユーリセシル(ユーリ)
モンディアル公国の元王女。カイと同年代の金髪美少女。
盾の神「ライン」の祝福者であり、不可視の障壁を作り出す「戦乙女の聖域」という祝福を持つ。
自分を奴隷商人から救ってくれたカイを「カイ様」と呼び、かなり積極的にアプローチすることも。
なお、島に移住するにあたりカイから「祖国の復讐とかは考えないでほしい」と言われているが、内心では敵国へのわだかまりを残している。

  • ファウゼル
サラやユーリを捕まえた奴隷商人に雇われていたフリーランスの魔導師。近衛魔導師であるサラを圧倒するほどの高い戦闘技術を持つ凄腕の傭兵であり、魔法の威力では圧倒的に上のはずのアビス相手でも渡り合えるほど。
カイの機転により敗れ去るが、後に意外な形で再会する。
好戦的な性格で、国などに仕えずに傭兵をしているのも「求めている戦いがないから」なのだが、決して悪人ではなく、義理人情や身内を大事にする性格。

関連タグ

MF文庫J
異世界転生
サバイバル

関連記事

親記事

MF文庫J えむえふぶんこじぇい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「てのひら開拓村で異世界建国記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1430

コメント