ピクシブ百科事典

ブレイカーズ

ぶれいかーず

「ブレイカーズ」はビスコがMVS、およびネオジオで1996年に発売した対戦型格闘ゲーム。その後、1998年にキャラクターの追加やバランス調整が行われたアップデート版である「ブレイカーズ・リベンジ」も登場している。
目次[非表示]

概要

発売元の知名度が低い事や色物キャラが多いためかキワモノ扱いされがちだが、実は操作性も良く丁寧に作られた良作。
濃いキャラクターが一部に受けたためか、それなりに知名度があった。雑誌ゲーメストでも取り上げられ、特集が組まれた事もあった。
pixiv上では女性キャラクターのティア・ラングレーに人気が集中している。

登場キャラクター

  • 神威 翔(かむい しょう)

主人公。強キャラ。

  • 李 刀龍(リー・タオロン)
ライバルポジションの中国拳法使い。なお韓国人。
  • ピエール・モンタリオ

ピエール


フェンシング使いのイタリア人。オカマ口調などの濃いキャラが一部に人気。

  • シーク・マハール
アラブ風の剣術使い。
  • コンドル・ヘッズ

CONDOR


ネイティブアメリカン風の投げキャラ。ボタン同時押しで簡単に出る対空技の性能がぶっ壊れている。

  • アルシオンIII世
封印から目覚めた古代エジプト時代の王子。ダルシムのように手足が自在に伸びる
  • ライラ・エスタンシア

Rila


ジャングルで育った野性児。かなりの筋肉娘

らくがき


レオタード姿で闘うセクシーなキックボクシング使い。

  • 飛影 才蔵(とびかげの さいぞう)
続編で追加された新キャラクター。忍術で闘う。
  • 黄 白虎(ホァン・パイフー)
ボスキャラクター。CPU専用キャラクターだったが家庭用版や続編で使用可能に。

余談

・このゲームは元々1994年のAMショーに出展された「天麟の書 死嘩護(てんりんのしょ しかご)」というタイトルで開発されていた格ゲーが一度お蔵入りとなってしまい、後にこれをベースにして作られたのが「ブレイカーズ」である。登場キャラは「死嘩護」からデザインの流用や改変がされている他、キャラ名なども変更されており、後述のCPU裏キャラの名前や裏設定は「死嘩護」で使われるはずだった没設定の一部が使われている。

・CPU戦で同キャラ対戦になった場合にCPU側のキャラ名が変わるのが本作(とリベンジ)の特徴だが、実は「他人の空似の別人」という設定であるため、個別のちょっとした裏設定も用意されている。

関連記事

親記事

NEOGEO ねおじお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイカーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 480862

コメント