ピクシブ百科事典

ドラゴンボールZ超武闘伝

どらごんぼーるぜっとちょうぶとうでん

スーパーファミコン時代の対戦型格闘ゲーム。
目次[非表示]

概要

バンダイ(現バンダイナムコ)によって発売された、スーパーファミコン用の対戦型格闘ゲーム
単なるドラゴンボールのファン向けのゲームではなく、当時の格闘ゲームとしては画期的な要素を持ち、ゲームそのものの評価も高い。

ゲームの特徴

キャラクターが地上と空中を自由に行き来し、対戦相手との一画面に収まらなくなると画面中央に仕切りが入って画面が分割されて表示される。
体力ゲージのみならず気力ゲージがあるのは当時の格闘ゲームとしては珍しいものであった。かめはめ波などのデモ必殺技は一気に形勢逆転するほどの威力を持っている。

ドラゴンボールZ超武闘伝


オッス、オラ悟空!いっちょやってみっか!

1993年月3月発売。
ストーリーとしては『ドラゴンボール』の第23回天下一武道会(ピッコロ編)からセルゲームまでを題材にしている。
全体的に動きがもっさりしている、キャラがバテやすい感は否めないが、即死ハメがあるわけでもなく、キャラの強弱のバランスは取れている。

登場キャラクター

孫悟空ピッコロベジータフリーザ20号18号セル16号トランクス孫悟飯、Pセル(完全体セル)

ドラゴンボールZ超武闘伝2


カカロットォ・・・

1993年月12月発売。
傑作と名高い。ストーリーはセルゲーム編に始まり、ブロリーボージャックといったが劇場版のキャラクターが登場する。1に比べて動きにスピーディ感が増し、グラフィックについても大きく向上した。

登場キャラクター

孫悟空、ピッコロ、ベジータ、トランクス、孫悟飯、Pセル、セルジュニアザンギャ、ボージャック、ブロリー

ドラゴンボールZ超武闘伝3


勝負だ。カカロット!
来い。ベジータ!

1994年9月発売。
原作のラストである魔人ブウ編を題材とする。グラフィックは2のものを流用している。2に比べて動きがもっさりになった、フィールドが狭くなったなどの声もあり、評価は2より低い。

登場キャラクター

孫悟空、ベジータ、18号、トランクス、未来トランクス、孫御飯、孫悟天、ダーブラ、魔人ブウ、界王神

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

兄弟記事

コメント