ピクシブ百科事典

ブランディア

ぶらんでぃあ

ブランディアはアルュメが1992年に開発・販売した対戦格闘ゲーム。
目次[非表示]

ブランディア(BLANDIA)は1992年アルュメ(ALLUMER)が開発した対戦格闘アーケードゲーム
1986年セタが開発しタイトーが販売したアクションゲーム黄金の城』のキャラクターが登場しており、事実上の続編である(アルュメはセタのハード開発部門の会社であったため(後に分社し独立)、版権を持っていたとされる)。

10名の剣士の中からキャラ選択、同キャラ対戦は出来ない。
8方向レバー、3ボタンで操作するが、ボタンは大技・中技・小技ではなく上段・中段・下段であり、黄金の城の続編らしくのあるキャラクターはの三ヵ所に装甲があり、攻撃を2発当ててそれを剥いでからでないとダメージを与えられない。
また、同社が翌1993年に開発する『機動戦士ガンダム』の対戦格闘ゲームに先駆け、空中ガードや(を持つキャラだけとの話あり)技の相殺が可能になっている。

ゲーム性はというと・・・当たり判定がよくわからなかったり、少しでも余計なレバー入力をしているとコマンド入力を受け付けてくれなかったり、BGMは延々と四小節の繰り返しで気が狂いそうになったり、しかも対戦プレイだとステージが変わらず同じ曲ばかりが鳴り続けたりなど、柔らかく言えば実に個性的なゲームであった。当然と言うべきか世に出回った数は少ない。

だが1994年9月にFM-TOWNS用に、1995年6月にPC-9821用に移植されている。

余談

黄金の城では女性キャラのブラを剥ぎ取る脱衣KOが用意されており、今作でも採用する予定だったらしく、没データに「上半身裸にされてギブアップをするイリアナ」の画像が残されている。

プレイ動画


関連タグ

アルュメ レトロゲーム 格ゲー アーケードゲーム 黄金の城
機動戦士ガンダム EX REVUE(同社開発の対戦格闘ゲーム)

pixivに投稿された作品 pixivで「ブランディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3367

コメント