ピクシブ百科事典

トバル

とばる

トバルとは、スクウェアから発売された3D格闘ゲーム『トバルNo.1』およびその続編『トバル2』のこと。総じて「トバルシリーズ」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

スクウェア(現スクウェア・エニックス)が発売したプレイステーション参入タイトルの一つ。制作はドリームファクトリー。キャラクターデザインは鳥山明が担当。

あらすじ

舞台は、様々な異星人との交流が日常化した未来の世界。
西暦2048年。惑星トバルにて200日に一度開催される闘技会“トバルナンバーワン”が、その日も開催される。多額の優勝賞金を目当てに、腕に覚えのある宇宙中の格闘家たちが様々な思惑を巡らせ出場する。

登場人物

『トバルNo.1』から登場

チュージ・ウー
CV:緑川光
地球人の青年。17歳。身長175cm、体重70Kg。
幼いころに惑星トバルに移住した。現在は学校に通う傍ら炭鉱で働いている。
活発な性格で、口調は何故か江戸っ子風。

エポン
CV:永島由子鈴木麻里子
惑星トバルの衛星であるキッタイク星出身の少女。18歳。身長167cm、体重50kg。
かつて父がエポンの病気を治療するため不正な手段で大会を優勝したことがあり、その父の汚名を晴らすべく大会の優勝を狙う。
強気だが、何処か影のあるクールな性格。

オライムス
CV:青野武戸谷公次
キエンタック星出身の、2人の子供と1個の卵の父親。19歳。身長198cm、体重110kg。
その風貌から「ニワトリさん」と呼ばれている。
心優しい性格だが、イタズラ好きの子供たちに手を焼いている模様。
エポンの父には一族の誇りを汚された因縁がある。

ホム
CV:龍田直樹田中一成
ロボット。製造年数20年。身長180cm(攻略本では203cm)、体重150kg。
炭鉱で働くロボットとして生まれたが、フェイの弟子となり、格闘術を身につけた。
一人称は「拙者」、語尾に「ゴザル」を付ける変わった口調を用いる。

フェイ・プウ・スー
CV:八奈見乗児
地球出身の老格闘家。年齢不詳。身長161cm、体重50kg。
第66回大会でウダン皇帝に勝利し、史上2人目のナンバーワンになった過去を持つ。
とぼけた性格だが技のキレは本物であり、中国拳法をおもわせる素早い技を繰り出す。

マリー・イボンスカヤ
CV:中友子鈴木渢
ロシア系フランス人の女子プロレスラー。32歳。身長189cm、体重140kg。
スーパープロレスのチャンピオンで荒々しいプロレス技を得意とする。
一方、実生活ではエレガントな婦人。

イール・ゴガ
CV:郷里大輔江川央生
惑星トバルの衛星であるワコイバヤイ星出身の男性。年齢不詳。身長201cm、体重180kg。
恋愛を成就させるために大会に参加したが、なかなかうまくいかない様子。
筋骨隆々の肉体と長い尻尾を駆使したパワフルな攻撃が特徴。

グリン・カッツ
CV:神谷明
イギリスの大富豪カッツ家の次男。年齢17歳。身長175cm、体重70kg。
頭脳明晰で格闘技の天才。甘いマスクも相まって彼を支持する女性も多い。
チュージとはライバルという位置付けでデザインされており、年齢・身長・体重が同じに設定されている。

ムーフー
CV:龍田直樹
惑星トバルから遠く離れたジャルング星の出身。身長210cm、体重60kg。
フェイの2度目の優勝を阻止するため、ウダン皇帝にスカウトされて参加した。
長い手足が特徴のファイター。

ノーク
CV:佐藤正治
イルドアーボ星の出身。身長304cm、体重350kg。
ムーフーと同様にウダン皇帝にスカウトされて参加した。
参加選手中1番の巨体の持ち主で、その豪腕は凄まじい破壊力を持つ。

ウダン皇帝
CV:古川登志夫沼田祐介
惑星トバルの支配者であり本大会の主催者。最強の格闘家でもある。身長152cm、体重45kg。
小柄な体格だが、軽やかな跳躍で相手を翻弄し鋭い攻撃を繰り出す。

『トバル2』から登場

ドクターV
CV:銀河万丈
地球出身の医者。32歳。身長202cm、体重105kg。
研究材料となる王者の石を手に入れるために大会に参加。
ムエタイを得意とし、ノーガード戦法など相手を挑発する技も多い。

チャコ・ユタニ(湯谷茶子)
CV:小松里歌
地球出身の宇宙パトロール隊員。23歳、身長174cm、体重58kg。
カッツ財団の内情を探るためと、自らの腕試しのために大会に参加する。
実はグリンに一目惚れしており、任務に関係なく彼に接近しようとしているとも。

魔王マーク
CV:速水奨
クエストモードを進めることで登場する魔物たちの親玉。
一見、人間と大差のない外見だが、半獣人のような禍々しい第二形態を持つ。
通常時はカポエイラのような足技重視の戦法を使用し、その実力はウダン皇帝を上回るとされる。

余談

トバルNo.1の購入者の殆どは初回版に同梱されていたもう一つのディスクに入っていた「FF7体験版」が目当てだったと言われている。その為当時はFF7体験版のオマケに格闘ゲームが付いてくるといった揶揄までされた程である。

関連タグ

スクウェア スクウェア・エニックス
格闘ゲーム 3D
鳥山明 天下一武道会

pixivに投稿された作品 pixivで「トバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31635

コメント