ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

舐めプレイ(なめぷれい)とは、格闘ゲーム用語の一つで対戦相手にも分かるくらい手を抜いたプレイをすることである。

ちなみに侮る意味での「なめる」は、「舐める」ではなく「無礼る」と書くのが正しい。⇒中央を無礼るなよ

舐めプ」と略して使われることが多い。


解説

ハメ技の連発とは逆に、手を抜いた(相手をなめた)プレイを行うことである。

相手を苛立たせることになり、相手に対する礼を欠く。

非常にマナーの悪い行為の一つであり、するべきではない。

それどころか手抜きにつけこまれて負けることだってある。

初心者狩りと併用することもある。


昨今では格闘ゲーム以外の分野でも、対戦相手を軽んじる(なめた)戦術を指して使われている。

バトルもののアニメや漫画などのお約束展開の一つとしてある、敵サイドが「たかが○○が」などと舐めてかかってやられる、などというパターンもこう呼ぶことがある。


関連タグ

格ゲー 舐めプ

舐める

慢心(油断) 過信


負のご都合主義:創作作品では『主人公が敵との戦闘で、さっさとトドメを刺したり捕縛する等して決着をつけなかったせいで、事態が悪化したり罪もない犠牲者が出てしまった』という展開も珍しくない。


フェラチオクンニ耳舐め文字だけなら関連してそうだが根本的に違う


作中で舐めプをやらかしたキャラクター・人物・団体

ベジットをいつでも瞬殺可能な実力を持ちながらも作戦上の理由で舐めプに徹した。

白銀ミカド:彼の場合は過去回想で父と対戦していた際に、手を抜いていた。一見すると舐めプの典型例と思われるが、実は彼の方が実力は父よりも上だったのである。(詳細はネタバレとなるため、該当リンク参照の事)

帝光中学バスケ部:明洸中学相手に111-11で勝利しただけならばまだいいが、最終スコアを「1のゾロ目」にして終わらせるというおまけまでやらかした。

ウルトラマンA超獣相手に相撲やら地面から引っこ抜いた大木を持たせての斬り合いで勝利しながらもマジ反撃でピンチになる舐めプになる事が多かった。

関連記事

親記事

格ゲー かくげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました