ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アニメ版などでの声優
山田ふしぎ梅田貴公美並木伸一

サルゲッチュというタイトルの通り、主人公たちによって捕獲対象となっているサル達の総称である。
名前の由来は、シリーズの登場人物であるハカセが開発中の"ピークポイントヘルメット"こと通称ピポヘルを被ってしまったために通常のサル以上の知能を身につけて暴走した事による。
人語は理解できるようであるが、スペクターや後述のウッキーファイブとは異なり話す事はできない。
元々は遊園地動物園で飼われていたものであるが、ボスザルであるスペクターに率いられて時代改変や世界進出、テレビ局の放送ジャックなどの手段によって人類を屈服させようと目論む。

モデルはニホンザル
ただしコロコロコミックでの漫画版においては、テナガザルやとてもニホンザルとは見受けられないオリジナル種などのピポサルも存在する。
またサルゲッチュ2では、終始主人公のヒカルサイドにいるピポッチが登場した。
基本的に各作品のクリア後に普通のサルに戻されていくという主旨のストーリーとなっているが、漫画版やアニメ版などではピポサルのまま大人しく一般の社会人(サル)をしている個体も多い。

シリーズの大ヒット、愛らしいデザイン、耳に残るテーマソングなどによって、ピポサルはSCEIを代表するキャラクターにもなり、マクドナルド・ハンバーガーハッピーセットのグッズ化もされている。

ピポサルの性質

ピポサルは基本的に穿いているパンツや着ている上下服の色によって性格や戦闘能力、攻撃手段が分けられる。
サルゲッチュ3では主人公のゲットアミを奪うサルもおり、こちらが逆にゲットされてステージから強制退場させられる場合もある。

番外編であるピポサル2001では、パンツの色ごとに管理されているエリアが分けられてそれぞれ異なる衣装や装備で通称名が異なる。
同じくガチャメカスタジアムサルバト~レでは、プレーヤーキャラとして黄色パンツ単体と白以外が揃った「サルチーム」に分けられており、サルチームでは各パンツによって能力が上がるガチャメカの種類に多少の違いが出る。

パラメータは基本的にすばやさ、こうげき、けいかいが5段階評価で存在する。
すばやさ:文字通りの逃げ足の速さ。
こうげき:基本的に高いほど激しく攻撃する。
けいかい:高いほどプレイヤーをすぐ察知する。

  • 黄色パンツ
シリーズでもっともスタンダードで各メディア向けでも代表的なサル。
主に逃げながら「ひっかき」攻撃で抵抗してくるほか、各本編作後半では「レーザー銃」で武装した個体も多い。
レーザー銃について1では何発か連射してきたが、レベル調整からなのか2以降は単発式となる(ただし当たり判定が大きく長く残るようになった)。

ピポサル2001でも通常のピポサルとして登場。
サルバト~レではサルテックファクトリー製の近未来的で物々しいガチャメカを使うサルチームとは対照的に、棍棒型メカボーやひまわり型トビトンボなどやたら自然派志向なメカを使う。
アイスタンクの説明によるとアイス屋さんの協力を仰いで作ったとのことなので、金欠なりにガンバル苦労人タイプとも見受けられる。

  • 水色パンツ
タレ目が特徴のサル。
基本攻撃は「無し」かまきびし代わりのバナナの皮で、戦闘能力は最弱クラスである。
ただし非常に臆病な性格から警戒心は強めで、思わぬところに隠れていて探すのに時間と労力費やすことも多い。

ピポサル2001では南国の海辺を思わせるエリアで管理されているからなのか、泳ぎの早いスキューバサルとして登場し時折ウニを投げつける。
サルバト~レではメカヨンクの扱いが非常に上手く、威力も操作スピードも最強クラスの上勝てばポイントを2倍で獲得できる。

漫画版初期では、よく不運に遭う気弱で泣き虫な個体がよく登場していた。

  • 青パンツ
初代では水色と同じくタレ目であったが、2以降は一部作品を除いてゴーグルスニーカーマフラーを着用している。

基本的に逃げ回りながら「石を投げる」程度であるが、その逃げ足が非常に速くダッシュフープや待ち伏せ作戦を使いこなせていないと苦労する。
さらに終盤のステージでは他のパンツと同じく銃火器やUFOに乗り込んで攻撃してくるため、かなりの強敵と化す。

ピポサル2001では砂漠地帯のエリアで管理されており、主人公に正面から見られると立ち止まってしまうサボテンサルとして登場したまにサソリを投げつける。
サルバト~レやミリオンモンキーズではダッシュフープやダッシュ用ブーツなど高速移動アイテムを駆使する。

ちなみにラチェット&クランク3では、コマンド入力で入手できる主人公用のコスチュームの一つとしてなぜかタレ目の青パンツサルも設定されている。

  • 白パンツ
1と2以降では大きく性質が異なる。
初代では黄色パンツより警戒心が強く索敵能力が高いという設定であったが、2以降はぐるぐるメガネをかけるようになり警戒能力が弱体化。
ただし基本攻撃が火力は強くないが「爆弾」に変更され、「科学者」キャラの強調からなのか戦闘用ロボットなどに乗り込む個体が増えた。

ピポサル2001、サルバト~レ、ミリオンモンキーズでは起用されなかった。

漫画版では、詳細は不明であるがスペクターの側近の科学者としてぐるぐるメガネの白パンツサルが初期から登場している。

  • 黒パンツ
サングラスとネクタイがトレードマーク。
基本的にマシンガンで武装しており初代ではかなりの強敵であったが、2代目以降は鈍足、命中率の低下、弾を込める時間、銃器を取り上げるガチャメカの登場などによって比較的捕獲がしやすくなった。

ピポサル2001では雪や氷の張った池のあるエリアで管理されており、動きの速いスケートサルとして登場し雪玉で攻撃する。
サルバト〜レではパチンガーで7連射攻撃が可能。

漫画版でもスナイパー役や護衛役として初期から登場している。

  • 緑パンツ
特殊なゴーグルをかけているためとても目がよく、警戒心が非常に高い。
基本攻撃は背中に背負った発射台からの命中率の高いロケットランチャー(2以降はミサイルに改称)であるが、2以降はサルの足とミサイルの速度がかなり遅めとなった。

ピポサル2001では不気味な墓地をイメージしたエリアで管理されており、棺を背負ったカンオケサルとして登場し髑髏を投げてくる。
サルバト〜レでは、トビトンボの高さと滞空時間が長さが特徴的である。

  • 赤パンツ
目つきの悪いツリ目のサル。
初代では「戦いのプロ」として一個体がミサイルや爆弾、マシンガンなども駆使するという最強クラスであったが、2以降はボクシンググローブを身につけて基本的にやや強力な「パンチ」攻撃のみとなった。

ピポサル2001ではラスボスのスペクターが潜むエリアで管理されており、セグウェイにも似た戦闘マシンに乗ったタンクサルとして登場し自走式の子機型爆弾を移動させてくる。

  • マルチタイプ(サルレーダーでは虹色)
上記にいずれも属しないサル。
特徴的なコスプレをしているものがほとんどで、攻撃手段も様々である。

ピポサルの乗り物

サル達の中にはUFOや固定砲台といった乗り物や戦闘兵器を使って主人公たちを迎え撃つ個体もおり、中には主人公もメカを使わなければまともに戦えないものもいる。

グレート戦隊ウッキーファイブ

2で初登場し、3では「活劇戦隊ウッキーファイブ」と改名した。
バナナミンZによってさらに知能と戦闘能力が強化されたピポサル達で、スペクターサイドの幹部。
戦隊と名乗っているが基本的は一人ずつ主人公と対決する。
なおゲーム本編や漫画版などでは、各メンバーの性格やスペクターとの関係性が多少異なっている。

メンバー


関連イラスト

げっちゅ・みー・いふ・ゆー・きゃん



関連項目

サルゲッチュ サル
スペクター ピポ・スネーク

関連記事

親記事

サルゲッチュ さるげっちゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピポサル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 540723

コメント