ピクシブ百科事典

把瑠都

ばると

把瑠都凱斗(ばると かいと)は元大相撲力士。
目次[非表示]

概要

1984年11月5日生まれ。旧ソ連エストニア出身。本名はカイド・ホーヴェルソン(Kaido Höövelson)。
2004年に初土俵、そこから8場所で十両に昇進。これは小錦などと並び当時史上3位タイのスピード出世であった。
その後一度は幕下に陥落するも1場所で十両に復帰。2005年3月場所で15戦全勝で十両優勝を決め、当時史上2位タイとなる初土俵から12場所での幕内昇進を果たした。
2010年には3月場所を14勝1敗の成績とし、優勝こそ逃したが大関昇進を決め、2012年1月場所を14勝1敗で終え、念願の幕内最高優勝となった。
その後は度重なる怪我に悩まされ、2場所連続の負け越しで2013年1月場所で関脇に陥落。さらに古傷である膝の状態が悪化して7月場所を全休。十両に陥落した9月場所直前に引退を表明。日本国籍を取得していなかったため、そのまま日本相撲協会を離れることとなった。

角界引退後は総合格闘技に転向し、「ホーヴェルソン・カイド」をリング名としてRIZINに数回参戦。また「把瑠都」の芸名タレント俳優としてオフィス北野に所属。バラエティ番組にも数多く出演している。
2018年にはNHKBSプレミアム弟の夫』に出演。主人公の弟と婚姻関係にあったカナダ人男性を演じている。
同年5月5日に母国エストニアに帰国。以降は地元で政治家を目指し、2019年4月に予定されている国会議員選挙への出馬を予定している。

人物

関連タグ

大相撲 大関 力士

外部リンク

所属事務所によるプロフィール

pixivに投稿された作品 pixivで「把瑠都」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4524

コメント