ピクシブ百科事典

大乃国

おおのくに

大相撲の第62代横綱大乃国康の事。現在の芝田山親方。

概要

本名は青木康。1962年10月9日生まれ。
北海道河西郡芽室町出身。

中学時代は柔道部に所属して活躍し、花籠部屋の大関魁傑の勧誘を受け魁傑の内弟子として花籠部屋に入門して1978年3月場所にて初土俵となった。最初の四股名は「大ノ国」。

魁傑の引退後に魁傑が創設した放駒部屋へと移籍し、創設当初で稽古相手が少なかった為同じ一門で横綱隆の里若乃花や大関若島津ら多くの関取を擁する二子山部屋へと出稽古へ行き、厳しい稽古によって鍛えられた。

1982年に関取となり翌1983年3月場所より後のライバルの一人である旭富士と共に新入幕を果たし、翌年には関脇に定着して3月場所から「大乃国」に改めた。1985年9月場所より大関に昇進して次代の横綱候補となり87年5月場所にて幕内初優勝、その後2場所続けて優勝ならずも好成績にて横綱に昇進した。

横綱時代は88年3月場所にて優勝し昭和時代最後の取組みである1988年11月場所の千秋楽での横綱千代の富士戦では勝利を収めて千代の富士が継続していた連勝記録を53連勝でストップさせた。
しかしその後は病気や怪我で不調が続き1991年7月場所で引退した。

引退後は年寄・芝田山を襲名し1999年6月に芝田山部屋を創設した。
甘党でも知られ「スイーツ親方」の異名も持っている。

関連タグ

相撲 大相撲
力士

回文 : 「大乃国は肉の王」は回文の例の一つとしてしばしば紹介される。

関連記事

親記事

横綱 よこづな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大乃国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント