ピクシブ百科事典

琴欧洲

ことおうしゅう

琴欧洲勝紀とは、ブルガリア出身の元力士。
目次[非表示]

概要

1983年2月19日生、ブルガリア北東部のヴェリコ・タルノヴォ州出身。
出生名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ。
彼の一家は全員が体格が非常によく、カロヤン自身もレスリングで少年時代に欧州ジュニアチャンピオンになった程であった。
レスリングの階級制度変更によりレスリングの路を断念、ドイツに在住していた元床山の紹介で佐渡ヶ嶽部屋に入門し力士に転向した。

2002年に初土俵、2005年には関脇など順調に昇進。
その整った顔立ちもあり、人気を博した。
2006年に欧州出身者としては初の大関昇進、2007年に初優勝。
しかし2013年以降は怪我が多くなり不調が続き、2014年3月20日に引退した。
現在は「鳴戸親方」として後進の指導にあたっている。
2017年4月に佐渡ケ嶽部屋から独立し、先代鳴戸親方(元横綱隆の里)の死去後途絶えていた「鳴戸部屋」の名称※が復活することとなった。

2009年に日本人女性と結婚して2014年に帰化しており、それ以降の本名は「安藤カロヤン」となっている。現在も大相撲開催期間中はテレビの解説席や花道の警備員等でその姿を確認することができる。

※ 旧鳴戸部屋は先代鳴戸親方の死去後、2013年12月に「田子ノ浦部屋」に改称。72代横綱稀勢の里が入門時から所属していることでも知られる。

エピソード

  • 現役時代は角界随一のイケメンと評され、「土俵上の(デイビット・)ベッカム」とあだ名された事も。但し本人はサッカーに於いて母国の宿敵であるイングランドの選手に例えられることに少なからぬ抵抗感があったとの事。ちなみに本人はブルガリア代表の英雄フリスト・ストイチコフのファンらしい。
  • ブログを開設しており、不慣れな日本語で綴られた記事がかわいいと評判である。特に引退直後の記事は日本に来た事や力士になった事への感謝が綴られており、読者に大きく感動を与えたことで大変話題になった。
  • 2015年に開催されたニコニコ超会議の「大相撲超会議場所」で開かれたOB戦では同じく元大関の雅山と対戦した。元々の対戦成績は琴欧洲が大きく勝ち越しており、引退してからのブランクも琴欧洲のほうが短いこともあってか勝負は琴欧洲が立会いからの一気の押し出しで呆気なく勝利。しかし、双方取組後は晴れ晴れとした笑顔を見せていた。


外部リンク

本人によるブログ

関連タグ

相撲 力士 大関

pixivに投稿された作品 pixivで「琴欧洲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212

コメント