ピクシブ百科事典

栃乃和歌

とちのわか

栃乃和歌とは、元・大相撲の力士である。現・春日野親方。

概説

1962年生まれ、和歌山県海南市(旧海草郡下津町)出身。現役時代の四股名は「栃乃和歌 清隆」、本名は「綛田 清隆」(かせだ きよたか)。清隆は祖母が栃錦のファンだから同じ名前をつけられた。のちに栃錦に弟子入りすることとなる。愛称はQちゃん

昭和末期~平成初期に春日野部屋に所属していた。最高位は関脇。突き押し相撲だったが力が強く、四つ相撲に変えてからも左上手を取れば力を発揮した。安芸乃島と共に大関取りの場所もあったが怪我に泣かされ失敗した。また当時の大関候補ではただ一人、千代の富士に1勝もできなかった。その四股名は栃錦若乃花にちなんだものである。

現在は春日野親方として後進の指導に当たっており、弟子達には基本に忠実な押し相撲を教えている。

関連タグ

大相撲 栃煌山 栃ノ心 碧山 力士

コメント