ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

琴ノ若晴將(初代・琴ノ若)

1968年5月15日生まれ、山形県尾花沢市出身。


中学卒業後に佐渡ケ嶽部屋に入門し、1990年名古屋場所新十両、1990年九州場所新入幕。殊勲賞2回・敢闘賞5回・金星8個と活躍。最高位は西関脇。


1996年4月に師匠の佐渡ヶ嶽親方(元横綱・琴桜)の娘と結婚し、この時点で佐渡ヶ嶽部屋を継承することが決まった。

2005年九州場所で師匠の定年退職により、部屋を継ぐため引退し佐渡ヶ嶽を襲名。


大器晩成型で、同部屋の琴錦がスピード出世だったのに対して、琴ノ若はミスター1分と呼ばれた相撲ぶり同様のスロー出世だった。


子煩悩で有名であり、その子供が下記の2代目琴ノ若。甘いマスクで女性ファンが多かったという。


貴闘力とは19勝20敗、安芸乃島とは19勝16敗、武蔵丸とは13勝29敗、土佐ノ海とは17勝14敗、栃乃洋とは10勝12敗、貴ノ浪とは22勝29敗。


琴ノ若傑太(2代目・琴ノ若)

1997年11月19日生まれ、千葉県松戸市出身。

上記の初代・琴ノ若の長男の現役力士。


幼い頃から祖父の佐渡ヶ嶽親方に相撲の基本を仕込まれ、高校卒業後に佐渡ヶ嶽部屋に入門し、父の弟子となる。

2019年7月場所の新十両昇進時に、父の四股名「琴ノ若」を襲名した。


2024年1月場所後に大関に昇進。本人は同年5月場所で、祖父の四股名である「琴桜」と改名する意向を示している。


関連タグ

大相撲 力士

関連記事

親記事

力士 りきし

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました