ピクシブ百科事典

「オマエは大勢に囲まれて死ね 俺みたいにはなるなよ」

声:千葉繁(※漏瑚と同じ声)

概要

呪術廻戦』の主人公、虎杖悠仁実の祖父
作中1話にて登場している。

第1話の時点ですでに入院中で寝たきりになっており、悠仁から見舞われている。
虎杖の両親について最期に話そうとするも、悠仁に「興味がない」と一蹴されてしまい、「男はカッコつけて死にてんだよ! 空気読め!」とキレた。
だがその後、自分の死期を悟り、悠仁に遺言を遺す。
「オマエは強いから 人を助けろ」
「手の届く範囲でいい 救える奴は救っとけ 迷っても感謝されなくても とにかく助けてやれ」

「オマエは大勢に囲まれて死ね 俺みたいにはなるなよ」

と遺言を遺し、悠仁に背を向けるように横になり、そのまま息を引き取った。享年75歳。
この遺言はその後の悠仁の生きる指針となっており、大きな影響を与えている。

なお、死因は肺がんであり、呪術とは関係がない。

気性の荒い人物で、そのことが原因で周囲から人付き合いは少なかったらしい(実際、火葬に立ち合ったのは悠仁と、付き添いの五条だけだった)。
妻に関しては離婚したらしく、虎杖の祖母も呪霊などとは関係ないと思われる。
幼い悠仁を連れてパチンコ屋に行ったこともあるらしく、悠仁がパチンコに抵抗がないのはこの為(褒められたものではないのだが…)。








関連タグ

呪術廻戦 虎杖悠仁 祖父













以下単行本未収録ネタバレ注意



















「仁...オマエがどう生きようとオマエの勝手だ だがあの女だけはやめとけ」
「死ぬぞ」

第143話にて再登場、(おそらく)悠仁の父親に対し悠仁の母親は危険である事を察し、警告した。
「オマエが子供を欲しがっていたことも 香織との間にそれが叶わなかったことも知ってる!」
「だが香織が死んだのは」
と言い、警告しようとするが、悠仁の母親に遮られている。
母親の頭に縫い目がある事から、その正体はニセ夏油であると推測できるため、その危険性に本能的に気付き、警告したと思われる。

関連記事

親記事

虎杖悠仁 いたどりゆうじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「虎杖倭助」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「虎杖倭助」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4446

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました