ピクシブ百科事典

30000系

さんまんけい

鉄道車両の系列の一つ。
目次[非表示]

西武30000系電車

西武30000系


西武鉄道西武)が2008年から新製投入している通勤形電車。愛称「スマイルトレイン」。
主な編成は10両、8両、2両編成。→西武30000系

東武30000系電車

姫宮なな


東武鉄道東武)が1996年から2003年まで伊勢崎線日光線系統に新製投入した通勤形電車。
営団(現東京メトロ半蔵門線東急田園都市線直通用に新製されたが、50000系登場後は地上線用の運用となった。2011年以降、6両+4両編成を10両固定編成化して東上線に転用されている。
東武30000系

近鉄30000系電車

ビスタ三世代


近畿日本鉄道1978年から投入した特急形電車で、デビューから現在に至るまでに2度の大幅な改造を受けている。(A更新:1996~2000、B更新:2010~2012)
愛称は「VISTA-EX(ビスタEX)」、A更新前は「ビスタカーⅢ世」。
中間車2両は2階建て構造で、階下席(1階)がグループ用(1両あたり5席×2)となっている。
現在(B更新後)の座席の色は先頭車が赤、中間車は(階上・階下共に)青。
電算記号はA更新前がLVで、現在はV
1979年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。
ビスタカー

南海30000系

【HD南海01】高野線のクイーン【30000系】


南海電気鉄道の特急型車両。特急こうやで使用されており「デラックスズームカー」の愛称を持つ。4両編成2本が在籍。
こうや

大阪市交通局30000系

30000系
31601F


新20系の後継形式として大阪市営地下鉄で2009年から運用している車両。30系10系の老朽取り換えを目的として開発された。現在谷町線(6両編成)と御堂筋線(10両編成)で営業運転をしている(谷町線用は09年から、御堂筋線用は11年から運用されている)。

全体的には新20系をベースにその後製造された66系6~7次車や80系などの新技術を取り入れた発展型という位置付けである。車体構造や基本的な性能は谷町線・御堂筋線で同一であるが、谷町線用の車両と御堂筋線の車両は微妙にデザインが異なる。

谷町線用

32系とも表記されるグループ。30系の代替として登場。08年に量産先行試作車として01編成が落成し、その後09~13年度にかけて量産車が毎年3本ずつ製造、現在は13本が在籍。
3次車まで(01~07編成)と4・5次車(08~13編成)では内装の一部分が異なる(吊革の本数、袖仕切りなど)。

御堂筋線用

31系とも表記されるグループ。10系の代替として登場。11年に01編成、14年に02・03編成が落成し、17年から本格的な量産に入っている。
谷町線用と比べ扉横のスペースを広げていたり、車内表示機の液晶画面を大型化しているなどの違いがある。また御堂筋線用は全編成とも車内のすべての照明器具にLEDを採用した。
本格量産に入った17年製造分からはさらなる改良が実施され、車内のレイアウトがだいぶ変わっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「30000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44193

コメント