ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

愛知県安城市にあるJR東海で、東海道新幹線東海道本線が停車する。
この近辺には国鉄時代から新幹線新駅設置の構想があり、候補地選定の末、1986年(昭和61年)に分割民営化後の新会社へ受け継ぐことを前提として国鉄により起工された。
1988年(昭和63年)3月13日、新富士駅掛川駅と共にJR東海の新幹線新駅として開業。東海道本線の在来線駅としても同時に開業した。
両線の線形の関係上在来線ホームと新幹線ホームが約150ⅿ離れており、それぞれ独立した駅舎を持つ。両駅舎の間は乗り換え用の長い連絡通路で結ばれている。新幹線側の駅舎は東海道新幹線区間では珍しく北欧調デザインの駅舎を有している。

新幹線はこだまのみ停車、ひかりのぞみは通過する。
同時に在来線も普通のみの停車で快速系統は通過する。新幹線駅でありながら快速に通過される駅は本州では当駅だけである。

これは当駅が安城市の中心部から離れている事に起因する。安城市の中心部にあるのは名鉄新安城駅であり、JRとしての安城市の代表駅は安城駅になる。

この位置関係や前述した乗り換えに不便な構造もあり、乗客の流れが利便性の高い名古屋駅豊橋駅から安城駅又は新安城駅へ向かう利用が主流となっているため新幹線・在来線共に周辺の主要な駅と比較して利用者は少ない。
その影響もあったのか東海道新幹線の駅の中で最後まで反転フラップ式発車標が残っていた。(2013年(平成25年)にフルカラーLED式に更新)

東海道新幹線の下り「のぞみ」では当駅通過時に合わせて「ご案内いたします。列車は三河安城駅を時刻通り通過いたしました。次の名古屋到着は、後およそ10分です。名古屋駅、お出口は左側です。」という内容の車内放送が流される。

また駅の近くにセロハンテープ(ニチバン)の生産工場がある。

駅構造

乗り場路線方向方面備考
1東海道新幹線下り名古屋新大阪方面
2東海道新幹線上り静岡東京方面
3東海道本線下り名古屋岐阜米原方面
4東海道本線上り岡崎豊橋浜松方面


利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員は7,660人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度5,555人11,110人
2009年(平成21年)度5,132人10,264人
2010年(平成22年)度5,456人10,912人
2011年(平成23年)度5,416人10,832人
2012年(平成24年)度5,615人11,230人
2013年(平成25年)度5,822人11,644人
2014年(平成26年)度6,059人12,118人
2015年(平成27年)度6,569人13,138人
2016年(平成28年)度6,760人13,520人
2017年(平成29年)度7,186人14,372人
2018年(平成30年)度7,660人15,320人


関連項目

名古屋駅-三河安城駅-豊橋駅

新安城駅 安城駅

関連記事

親記事

愛知県内の駅一覧 あいちけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「三河安城駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 275

コメント