ピクシブ百科事典

EF16

いーえふじゅうろく

EF15をベースに連続勾配区間の運用に適するよう改造した機関車

貨物機関車EF15を種車に回生ブレーキを搭載した電気機関車
EF16登場前はEF15板谷峠を越える列車を牽引していたが、下り坂で踏面ブレーキ(車輪を押さえつけるブレーキ方式)を使うことが多く、車輪が熱で緩んでしまうというトラブルが頻発したために、回生ブレーキを搭載することで踏面ブレーキの使用頻度を減らそうとしたのがこのEF16誕生のきっかけである。

改造種車とされたのはいずれも戦後すぐに登場した初期車で、登場時期によって福米型(板谷峠区間用)と上越型の2種類がある。

福米型は耐寒装備で非常に物々しい姿となっており、屋上中央部には大形の水タンクが搭載されている。これは車輪冷却のためにEF15時代に装備されたものである。

上越型は初期形のEF15とさほど外観の差異は存在しなかったが、戦後すぐの時期の製造のため、その後の整備により個体差が多かった。

福米型は1965年のEF64との置き換えで首都圏に転属。2両が上越に転用されたほかは回生ブレーキと水タンクを撤去しEF15に復元されたが、廃車期まで耐寒装備の名残が強く目立つ外観で有った。

上越型は晩年までEF58などとの重連運用がみられたが、1980年にEF64 1000と交代で廃車となった。

現在上越型の28号機が屋根付きの場所で保存されているが、適切な管理がなされておらず荒廃が進んでしまっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「EF16」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232

コメント