ピクシブ百科事典

みどりの窓口

みどりのまどぐち

JRグループの各駅にある乗車券発売窓口
目次[非表示]

概要

JRグループ各駅にある乗車券発売窓口のうち、マルス端末が置かれ、JRグループ旅客全社の鉄道線乗車券、JRバスの座席指定制路線の乗車券、・指定券などを総合的に発券できる発売所。
一般的にJRの鉄道構内に設置されている場合が多いが、国鉄ないしJRから転換したJR以外の鉄道会社(第三セクターが多い)やバスターミナル空港のターミナルに設置されているケースもある。

「窓口」である都合上、窓口担当者の存在が不可欠なためか、駅員のいない無人駅には基本的に設置されていない。
また、ある程度の利用者が見込めないと設置する意味が無いため、この窓口が設置されているのは大抵の場合都市部の駅や自治体の中心駅、乗り換え駅や有名観光地の玄関口の駅など、いわゆる「主要駅」がほとんどであり、東京大阪といった大都市圏では設置されていない駅を探すほうが難しいほどたくさんある一方、それらから離れた地方ではある程度の人口を擁する市町村の中心駅でないと設置されていないケースも多い。
付け加えておくと、2016年現在、日本の各都道府県県庁所在地における中心的な役割を果たすJR駅(俗にいう「代表駅」)には、いずれもみどりの窓口が設置されている。

「窓口」と名前が付いているが必ずしも窓口形式でない場合もあり、駅務室の片隅に窓口を取り付けただけの簡素なもの(駅員が窓口担当を兼務している場合が多い)から、駅務室とは別に独立した専用のスペースを持っていたり、「みどりの窓口」そのものが一つの駅に複数存在していて、一度に多数の利用客に対応可能な規模の大きいものまで千差万別である。

また、窓口の営業時間も駅単位でバラバラであり、5:30にはすでに開店して営業を開始している早起きな駅もあれば、9:00に開始するお寝坊さんな駅もある。
これは閉店時間も同様で、18:00前には早々と閉めてしまう駅もあれば、23:00ごろまで頑張る駅もあるほか、日中であっても途中で窓口業務を一時休止する駅もある(地方の駅に多い)。
余談だが、夜遅くまで営業している駅は軒並み大都市圏の駅や地方の主要駅がほとんどだが、開店時間は地方の駅もやけに早い駅が多い(5:30や6:00開店の駅は地方でもザラ)。逆に、都心にある秋葉原駅神田駅などは8:00開店とやや遅めである。

一説によると、「みどりの窓口」の名称は常備券の赤や青に対して、淡い緑色をしていたことによると言われている。

TOKIO長瀬智也がこんな勘違いをしていたが、グリーン車の切符しか購入できないというわけではない。

ちなみにマルス端末がない駅員配置駅で座席指定券を購入する場合、マルス指令や決められたマルス端末設置駅へ電話を用いてやり取りをする。発行駅での聞き間違いのないように、席番号についてはA席「アメリカ」、B席「ボストン」、C席「チャイナ」、D席「デンマーク」、E席「イングランド」と発音する。

テレビ番組「みどりの窓口」

1965年から1985年3月にかけて日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)で放送されていた。国鉄から提供された情報を放送する番組で、月-土曜日の朝7時45分から15分間の生放送番組だった。

放送日の朝における首都圏の運行情報や各特急・寝台特急列車の空席情報の他、国鉄からのお知らせ、首都圏に限らない列車や沿線のみどころなどを紹介するVTRが放送され、空席情報の放送時はBGMにポール・モーリアの「ペガサスの涙」やイエロー・マジック・オーケストラYMO)の「テクノポリス」などが流れた。

放送時間は移動しており、1970年代後期は朝7時30分からの時期があった他、1980年代からは放送時間が朝6時45分からに繰り上げられ、1983年秋以降はおはようテレビ朝日の1コーナーに組み込まれた。ただし土曜日の放送だけは独立した番組として扱われ、テレビ朝日での放送終了まで続いた。

1985年4月からは放送内容をそのままに放送局をテレビ東京へ移し、レール7へ改題。国鉄分割民営化後は提供がJR東日本になり、1991年4月にタイトルを「列車でいい旅」へ改題して1992年3月に放送を終えた。

外部リンク

みどりの窓口 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「みどりの窓口」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120

コメント