ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

681系

1

ろくはちいちけいまたはろっぴゃくはちじゅういちけい

JR西日本の交直流特急形電車。かつては北越急行も同形車を所有していた。

概要

1992年に試作車が登場したことに始まり、「サンダーバード」「はくたか」用として1997年までに合計102両が製造された。JR西日本初の特急型車両で、JR旅客6社の中では最も遅い登場である。


将来の湖西線北陸本線の高速化を視野に入れ、最高速度160km/hを実現すべく登場した。また、485系とは異なり踏切のある区間でも130km/h運転が可能となっている。

長らくの検討の末に高速化は見送られたものの、後に本系列の性能は北越急行ほくほく線における特急の160km/h運転に生かされている。


営業最高速度130km/h、160km/h(ほくほく線内)
設計最高速度160km/h
起動加速度1.8km/h/s
減速度4.5km/h/s(常用最大)、5.5km/h/s(非常)
歯車比18:94=1:5.22
駆動装置平行カルダン駆動・歯車継手方式
主電動機かご形三相誘導電動機 ※出力は1時間定格
  • WMT103(220kW・量産車)
  • WMT105(245kW・試作車)
  • WMT101(190kW・試作車登場時)
制御方式2レベルPWMインバータによるVVVF・すべり周波数制御
制御装置他励式サイリスタ位相制御コンバータ+2レベルPWMインバータ
  • WRS100+WPC3(試作車)
  • WRS103+WPC6(量産車)
台車軸梁式ボルスタレス台車
  • WDT300・WTR300
製造所近畿車輛川崎重工業日立製作所新潟鐵工所(現:新潟トランシス)

番台別

試作車(1000番台)

最高速度160km/hでの試験走行を目的として、1992年に9両編成で登場。当初は金沢運転所(金沢総合車両所運用検修センターを経て現在は金沢車両区)所属で、U01編成を名乗った。

後に臨時列車「(ニュー)雷鳥」としてデビューしている。


高速走行に向けた装備が数多く施されており、後の新快速の130km/h運転にも大きな影響を与えている。

1995年に量産車が登場したため、設備を量産車に合わせる改造が行われ、区別のため1000番台に改番された。更に2001年には、量産車と運用を共通化するため、9両編成の中間に先頭部を取り付け、6両編成と3両編成に分割された。(U01→T07・T18編成)

683系4000番台の登場以降は吹田総合車両所京都支所に所属し、W01・V01編成を名乗る。


量産車と比較すると、非貫通先頭車の運転席横の窓が三角形なのが目立った違いである。更によく見ると、ドア窓が小さい、車体の裾が長い、パンタグラフの位置などの違いが見受けられる。

量産車とは機器構成が大きく異なることから整備性に難があり、2015年にV01編成、2019年にW01編成が運用を離脱し廃車となっている。


量産車(0・2000番台)

左:0番台、右:2000番台(北越急行時代)


試作車の成果を基に、485系の置き換えを目的として製造された。全車両が160km/h運転に対応しているが、運用にはトランスポンダの設置が必要。


試作車は3両ユニットであったが、量産車は2両ユニットとなり、より柔軟な編成組成が可能となっている。1995年から1997年にかけて6両編成10本・3両編成11本の計93両が投入された。ただし、登場時と比べて編成組み換えや改番、内装の更新などが行われているため、編成形態は一様ではない。


登場当初の車体色は、0番台がグレー・ブルー・ホワイトの3色で、乗務員室後部に「JR WEST JAPAN」のロゴが貼り付けられている。また、「サンダーバード」用編成(T編成)には「THUNDERBIRD」(2001年までは「Super Raicho THUNDERBIRD」)、「はくたか」用編成(W編成)には「Hakutaka WHITE WING」のロゴステッカーが貼り付けられている。2000番台は北越急行の独自性を表すためにフロスティホワイトをベースにクリムゾンレッドとアクアブルーの帯を配した車体色が採用され、「Snow Rabbit Express」のロゴステッカーが貼り付けられていた。また、乗務員室後部のロゴも「HOKUETSU EXPRESS」となっていた。


新製時点では、0番台は全車両が金沢総合車両所に所属。2000番台は書類上の車籍こそ北越急行の六日町運輸区に置かれたが、車両管理はJR西日本に委託されており、金沢総合車両所に管理受託扱いで所属。運用上の効率を考慮して、「はくたか」の予備編成はJR西日本所属車・北越急行所属車で共通としていた。


  • 1995年に0番台の「サンダーバード」用編成(T編成)が登場。新たに貫通型先頭車が設定され、6+3両編成の構成となる。683系0番台の新造に際し一部が「はくたか」増強のために転用され、「サンダーバード」用編成は6両編成3本・3両編成4本に縮小した。
  • 1997年にはJR西日本所属の0番台の「はくたか」用編成(W編成)と北越急行所属の2000番台(N編成)が登場。

2015年3月14日に北陸新幹線の長野駅上越妙高駅金沢駅間が延伸開業することに伴い、金沢以東の在来線特急は廃止。2000番台は683系8000番台と共に北越急行からJR西日本に譲渡された。廃止直前には、「サンダーバード」編成・「はくたか」編成共に側面にオレンジとブルーの細帯が配された「しらさぎ」塗装に塗色変更(ただし、「SHIRASAGI」のロゴステッカーは貼り付けられていない)。編成構成が「サンダーバード」と揃えられ、ダイヤ改正と同時に683系も含めた全編成で方向転換を実施。グリーン車が金沢方面の先頭車に揃えられている。塗色変更した編成は金沢総合車両所に集結し、「しらさぎ」で運用を開始した。


2024年3月16日に北陸新幹線が敦賀まで延伸開業することに伴い、金沢発着の「サンダーバード」・「しらさぎ」は敦賀発着に縮小。681系のうち状態の悪い編成から順次廃車を行う方針としている。


主な使用実績

以下はかつて681系が使用されていた列車

  • はくたか(在来線時代、2015年3月13日廃止)
  • 能登かがり火(2024年3月15日まで、683系に変更)
  • ダイナスター(2024年3月15日廃止)
  • びわこエクスプレス(2024年3月16日「らくラクびわこ」に改称)
  • おはようエクスプレス・おやすみエクスプレス(北陸地区、2024年3月15日廃止)
  • ホームライナー関ヶ原(JR東海・2016年に区間短縮)

編成表

最終所属は吹田総合車両所京都支所所属=V編成、金沢総合車両所所属=W・N編成

塗装は現在(廃車時)のもの


  • 3両編成
編成クハ681モハ681クハ680塗装備考廃車
V01120113011501しらさぎ試作車2015年9月9日
V11205305505リニューアル
V12203302503サンダーバード
V13201301501リニューアル
V14202306502リニューアル
W118205508しらさぎ元はくたか
V449207509しらさぎ元W12編成、元はくたか
W134208504しらさぎ元T14編成、元はくたか
W146307506しらさぎ元T13編成、元はくたか
W15207204507しらさぎ元T17編成、元はくたか
N11200122022501しらさぎ元北越急行車
N12200222012502しらさぎ元北越急行車

  • 6両編成
編成クハ681モハ681サハ680モハ681サハ680クロ681塗装備考廃車
旧W01150111011301105111011001サンダーバード(※1)試作車2019年10月7日(※2)
編成クモハ681サハ680サハ681モハ681サハ680クロ681塗装備考廃車
W01507133079147しらさぎ元はくたか
W02508153084168しらさぎ元はくたか
W155047304284しらさぎ元W03←T04編成、元はくたか
W0450593058105しらさぎ元T05編成、元はくたか
W91506113066126しらさぎ元W05←T06編成、元はくたか
W065011301121しらさぎ元T01編成
W075023302342しらさぎ元T02編成
W085035303563しらさぎ元T03編成2024年3月
N01250120022301200220012001しらさぎ元北越急行車
N02250220042302200120032002しらさぎ元北越急行車

※1:2015年3月~2017年11月はしらさぎ

※2:クロは2022年10月3日廃車


関連タグ

鉄道 電車 特急形電車 北陸本線 湖西線

287系 289系 683系 JR西日本 北越急行

概要

1992年に試作車が登場したことに始まり、「サンダーバード」「はくたか」用として1997年までに合計102両が製造された。JR西日本初の特急型車両で、JR旅客6社の中では最も遅い登場である。


将来の湖西線北陸本線の高速化を視野に入れ、最高速度160km/hを実現すべく登場した。また、485系とは異なり踏切のある区間でも130km/h運転が可能となっている。

長らくの検討の末に高速化は見送られたものの、後に本系列の性能は北越急行ほくほく線における特急の160km/h運転に生かされている。


営業最高速度130km/h、160km/h(ほくほく線内)
設計最高速度160km/h
起動加速度1.8km/h/s
減速度4.5km/h/s(常用最大)、5.5km/h/s(非常)
歯車比18:94=1:5.22
駆動装置平行カルダン駆動・歯車継手方式
主電動機かご形三相誘導電動機 ※出力は1時間定格
  • WMT103(220kW・量産車)
  • WMT105(245kW・試作車)
  • WMT101(190kW・試作車登場時)
制御方式2レベルPWMインバータによるVVVF・すべり周波数制御
制御装置他励式サイリスタ位相制御コンバータ+2レベルPWMインバータ
  • WRS100+WPC3(試作車)
  • WRS103+WPC6(量産車)
台車軸梁式ボルスタレス台車
  • WDT300・WTR300
製造所近畿車輛川崎重工業日立製作所新潟鐵工所(現:新潟トランシス)

番台別

試作車(1000番台)

最高速度160km/hでの試験走行を目的として、1992年に9両編成で登場。当初は金沢運転所(金沢総合車両所運用検修センターを経て現在は金沢車両区)所属で、U01編成を名乗った。

後に臨時列車「(ニュー)雷鳥」としてデビューしている。


高速走行に向けた装備が数多く施されており、後の新快速の130km/h運転にも大きな影響を与えている。

1995年に量産車が登場したため、設備を量産車に合わせる改造が行われ、区別のため1000番台に改番された。更に2001年には、量産車と運用を共通化するため、9両編成の中間に先頭部を取り付け、6両編成と3両編成に分割された。(U01→T07・T18編成)

683系4000番台の登場以降は吹田総合車両所京都支所に所属し、W01・V01編成を名乗る。


量産車と比較すると、非貫通先頭車の運転席横の窓が三角形なのが目立った違いである。更によく見ると、ドア窓が小さい、車体の裾が長い、パンタグラフの位置などの違いが見受けられる。

量産車とは機器構成が大きく異なることから整備性に難があり、2015年にV01編成、2019年にW01編成が運用を離脱し廃車となっている。


量産車(0・2000番台)

左:0番台、右:2000番台(北越急行時代)


試作車の成果を基に、485系の置き換えを目的として製造された。全車両が160km/h運転に対応しているが、運用にはトランスポンダの設置が必要。


試作車は3両ユニットであったが、量産車は2両ユニットとなり、より柔軟な編成組成が可能となっている。1995年から1997年にかけて6両編成10本・3両編成11本の計93両が投入された。ただし、登場時と比べて編成組み換えや改番、内装の更新などが行われているため、編成形態は一様ではない。


登場当初の車体色は、0番台がグレー・ブルー・ホワイトの3色で、乗務員室後部に「JR WEST JAPAN」のロゴが貼り付けられている。また、「サンダーバード」用編成(T編成)には「THUNDERBIRD」(2001年までは「Super Raicho THUNDERBIRD」)、「はくたか」用編成(W編成)には「Hakutaka WHITE WING」のロゴステッカーが貼り付けられている。2000番台は北越急行の独自性を表すためにフロスティホワイトをベースにクリムゾンレッドとアクアブルーの帯を配した車体色が採用され、「Snow Rabbit Express」のロゴステッカーが貼り付けられていた。また、乗務員室後部のロゴも「HOKUETSU EXPRESS」となっていた。


新製時点では、0番台は全車両が金沢総合車両所に所属。2000番台は書類上の車籍こそ北越急行の六日町運輸区に置かれたが、車両管理はJR西日本に委託されており、金沢総合車両所に管理受託扱いで所属。運用上の効率を考慮して、「はくたか」の予備編成はJR西日本所属車・北越急行所属車で共通としていた。


  • 1995年に0番台の「サンダーバード」用編成(T編成)が登場。新たに貫通型先頭車が設定され、6+3両編成の構成となる。683系0番台の新造に際し一部が「はくたか」増強のために転用され、「サンダーバード」用編成は6両編成3本・3両編成4本に縮小した。
  • 1997年にはJR西日本所属の0番台の「はくたか」用編成(W編成)と北越急行所属の2000番台(N編成)が登場。

2015年3月14日に北陸新幹線の長野駅上越妙高駅金沢駅間が延伸開業することに伴い、金沢以東の在来線特急は廃止。2000番台は683系8000番台と共に北越急行からJR西日本に譲渡された。廃止直前には、「サンダーバード」編成・「はくたか」編成共に側面にオレンジとブルーの細帯が配された「しらさぎ」塗装に塗色変更(ただし、「SHIRASAGI」のロゴステッカーは貼り付けられていない)。編成構成が「サンダーバード」と揃えられ、ダイヤ改正と同時に683系も含めた全編成で方向転換を実施。グリーン車が金沢方面の先頭車に揃えられている。塗色変更した編成は金沢総合車両所に集結し、「しらさぎ」で運用を開始した。


2024年3月16日に北陸新幹線が敦賀まで延伸開業することに伴い、金沢発着の「サンダーバード」・「しらさぎ」は敦賀発着に縮小。681系のうち状態の悪い編成から順次廃車を行う方針としている。


主な使用実績

以下はかつて681系が使用されていた列車

  • はくたか(在来線時代、2015年3月13日廃止)
  • 能登かがり火(2024年3月15日まで、683系に変更)
  • ダイナスター(2024年3月15日廃止)
  • びわこエクスプレス(2024年3月16日「らくラクびわこ」に改称)
  • おはようエクスプレス・おやすみエクスプレス(北陸地区、2024年3月15日廃止)
  • ホームライナー関ヶ原(JR東海・2016年に区間短縮)

編成表

最終所属は吹田総合車両所京都支所所属=V編成、金沢総合車両所所属=W・N編成

塗装は現在(廃車時)のもの


  • 3両編成
編成クハ681モハ681クハ680塗装備考廃車
V01120113011501しらさぎ試作車2015年9月9日
V11205305505リニューアル
V12203302503サンダーバード
V13201301501リニューアル
V14202306502リニューアル
W118205508しらさぎ元はくたか
V449207509しらさぎ元W12編成、元はくたか
W134208504しらさぎ元T14編成、元はくたか
W146307506しらさぎ元T13編成、元はくたか
W15207204507しらさぎ元T17編成、元はくたか
N11200122022501しらさぎ元北越急行車
N12200222012502しらさぎ元北越急行車

  • 6両編成
編成クハ681モハ681サハ680モハ681サハ680クロ681塗装備考廃車
旧W01150111011301105111011001サンダーバード(※1)試作車2019年10月7日(※2)
編成クモハ681サハ680サハ681モハ681サハ680クロ681塗装備考廃車
W01507133079147しらさぎ元はくたか
W02508153084168しらさぎ元はくたか
W155047304284しらさぎ元W03←T04編成、元はくたか
W0450593058105しらさぎ元T05編成、元はくたか
W91506113066126しらさぎ元W05←T06編成、元はくたか
W065011301121しらさぎ元T01編成
W075023302342しらさぎ元T02編成
W085035303563しらさぎ元T03編成2024年3月
N01250120022301200220012001しらさぎ元北越急行車
N02250220042302200120032002しらさぎ元北越急行車

※1:2015年3月~2017年11月はしらさぎ

※2:クロは2022年10月3日廃車


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • もしもハピラインふくいに特急列車が運行されたら…

    2024年3月に北陸新幹線が金沢〜敦賀間が延伸されて在来線区間が第三セクターの路線になり、特急サンダーバードが敦賀発着に短縮されました。 もしもその第三セクターに特急列車が走ったらどんな設定になっていたのかを想像してみました。
  • 鉄道旅新喜劇

    【北陸応援プロジェクト】鉄道旅新喜劇〜681系特急しらさぎ〜

    北陸応援プロジェクト第3弾は金沢から米原を経由して名古屋へ向かう特急しらさぎ! 米原駅でのスイッチバックや新キャラ登場、魔法少女トレスマジアのバトルや130キロで吹っ飛ばすしらさぎの快進撃など魅力満載!!これを読んで、笑って、2024年早々の暗い雰囲気から抜け出しましょう!!皆さんの明るいエネルギーと元気が世界を明るくします!! 頑張れ北陸!負けるな北陸!!立ち上がれ北陸!!! 停車駅:小松・加賀温泉・芦原温泉・福井・鯖江・武生・敦賀・米原・大垣・岐阜・尾張一宮
    50,946文字pixiv小説作品
  • 鉄子の轍

    〈はくたか〉の甦る春へ

    初めてマトモに書いた「詩」。あまりにも前衛的な試みでしたが、掲載して下さった担当者様に大感謝。投稿欄に相応の「器」がなければ、投稿者は決して育たないのです。('97/1) SUZURIはじめました。鉄分色々置いてます>https://suzuri.jp/tempoku ネタ系iPhoneケース道場:急行天北車内販売>https://tempoku.booth.pm/ “最初の鉄子” 新宮智子の動輪の軌跡>https://polaire.org/tetsuko/
  • All Mixタクシー

    All Mixタクシー〜夏休み全国旅SP〜

    今回は夏休み全国旅SPです! 灼熱地獄の暑い夏、お出かけできない人はこれを読めばお出かけした気分になれます!! これを読んで暑い夏を乗り切ろう!! *注意:この内、ベイブレードバーストタクシーチームとカイジタクシーに乗せられたクズの処刑方法は惨めったらしい演出でお送りします。ご注意ください。
    102,043文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー