ピクシブ百科事典

283系

にひゃくはちじゅうさんけい

JR西日本の振り子式直流特急型電車。
目次[非表示]

概要

紀勢本線特急の輸送力増強とスピードアップを目的に1996年に登場。
車両名は“オーシャンアロー”。
2012年3月16日までは同名の特急専用車両として運行していた。
現在は289系287系と共に特急くろしおの運用に就いている。

381系の自然振り子から進化した制御式自然振り子方式を採用。
台車は381系のコロ式ではなくベアリングガイド式を採用。
R400m以上の曲線で本則+30km/hで走行可能。
当初から振り子対応がなされた路線を走るため、パンタグラフの架線追随機構は搭載されていない。
制御方式はVVVFインバータ制御でIGBT素子を採用。運転最高速度は130km/h。
基本6両編成2本と付属3両編成2本の合計18両の希少車種。基本編成は和歌山・新宮方、付属編成のうち一方は大阪方にパノラマ型非貫通先頭車(グリーン車)を有し、その他の先頭車はプラグドア付きの貫通先頭車。何れも低運転台で、同じ線区を走行する381系や281系・287系・289系とは大きく異なる外観である。
白浜以北にて付属編成を用いた9両編成で運転される場合もあるが、付属編成同士で第3編成を組成することもままある。基本編成とこのグリーン車付きの付属編成が組んだ場合、両側にグリーン車がつくことになる。

新宮直通便・速達便に主に充当され、後輩にあたる形式が登場しても、それらが振り子や車体傾斜装置を有さないため、なおも区間内最速の運用を持つエース級の扱いである。
・・・が、最近はよく故障を起こすらしく、ダイヤ乱れの原因となっている。(最近だと天王寺駅の下り短絡線の勾配を登り切れず立ち往生を起こした。)
エース級とはいっても、南紀連絡特急としては最高齢、阪和線特急としても281系の次に古く、その上281系共々2024年から置き換えが始まることが決定している。(参照:JR西日本の保有車両一覧)
このまま何事もなく走り抜けることを願うばかりである。

関連イラスト

擬人化イラストが大半を占める。

【鉄道擬人化】紀勢本線・特急くろしおオーシャンアロー【283系】
オーシャンアロー



関連タグ

鉄道 電車 JR西日本
キハ283系:北のほうの特急型気動車。振り子式だったり少数精鋭だったりと共通点が多い。反面、故障は起こさなかったがそれ以上に洒落にならないことを・・・

関連記事

親記事

特急形電車 とっきゅうがたでんしゃ

子記事

兄弟記事

  • 485系 よんひゃくはちじゅうごけい
  • 583系 ごひゃくはちじゅうさんけい
  • 651系 ろっぴゃくごじゅういちけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「283系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11855

コメント