ピクシブ百科事典

プテラスピス

ぷてらすぴす

古生代デボン紀の前半期に生きていたあごのない魚。

概要

大きさ10~15センチくらいの魚で、体の前半が骨でできた「よろい」で覆われているので「甲冑魚」とか「カブトウオ」といった別名を持つ。ちなみにプテラスピスは「翼を持ったこうら」を意味するが、翼という点では近縁のドリアスピスの方がよほど目立つ。
なおデボン紀にはコイツがより発展したような「板皮類」というグループがいたが、特に近縁というわけではないようだ。

関連タグ

ドリアスピス
ドレパナスピス

関連記事

親記事

翼甲類 よくこうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プテラスピス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント