ピクシブ百科事典

アカントステガ

あかんとすてが

3億6500万年くらい前(古生代デボン紀)に生きていた両生類。

概要

原始的な両生類で、名前の意味は「トゲのある板」。
発見された個体は60センチくらいだが、まだ成長途中だったらしくもっと大きくなったと思われる。
後頭部の骨にあるトゲが由来だが物々しい出で立ちではなく、「足のある魚」とでもいったビジュアルだった。 
魚から派生して間もないからか尾びれを持ち、後頭部にエラを備え、指はなんと8本もあった。
手足は前後とも弱々しいので、基本的に水中で暮らしていたとされている。
 
ちなみにイクチオステガとは別のグループに属し、そのイクチオステガよりも原始的。

関連記事

両生類
イクチオステガ
エルギネルペトン

関連記事

親記事

迷歯類 めいしるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アカントステガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント