ピクシブ百科事典

イクチオステガ

いくちおすてが

両生綱・迷歯亜綱・イクチオステガ目イクチオステガ科に属し、古生代デボン紀後期のグリーンランドに棲息した大型の両生類の1つである。
目次[非表示]

概要

大型の両生類の仲間である。
学名の意味は「魚の鎧」
全長1m。
食べ物は等の肉食性。

特徴

最初にに上がったとされる脊椎動物の1つで有名である。地上では直接、重力を受けるためイクチオステガの湾曲した幅広い肋骨はそれらから内臓を守り、体を支えた。近い仲間であるアカントステガと同じように、4本のとそのを持っているが、指は7本と多く、の形をなしており、陸を歩くにはあまり適していなかったと言われている。この足は水草等を攀じ登るのに役立ち、地上には上がるものの、ほぼ水中を過ごしたと考えられる。

関連タグ

両生類 迷歯類

pixivに投稿された作品 pixivで「イクチオステガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 924

コメント