ピクシブ百科事典

クラッシギリヌス

くらっしぎりぬす

両生綱・迷歯亜綱・クラッシギリヌス科に属し、古生代石炭紀前期のヨーロッパ(スコットランド)に棲息した中型の両生類の1つである。
目次[非表示]

概要

中型の両生類の仲間である。
学名の意味は「厚みのあるカエル」
全長2m。
食べ物は昆虫、他の両生類等の肉食性。

特徴

爬虫類の近い絶滅した両生類で、陸上に生息していたものが二次的に水生に戻った種である。そのため足は小さく貧弱になり、特に前足は痕跡程度で役に立たなかったようで、恐らく大半を水中で過ごしたと言われている。化石はヨーロッパスコットランドでしか発見されていない。また頭の後ろには、はっきりとした切れ込みがあり、これは呼吸孔だったと考えられる。つまり魚類に見られるの名残だったのかも知れない。

関連タグ

両生類 イモリ オオサンショウウオ
迷歯類

pixivに投稿された作品 pixivで「クラッシギリヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント