ピクシブ百科事典

ミジンコ

みじんこ

ミジンコとは、鰓脚綱・ミジンコ目(近年からは枝角上目)に属する甲殻類の総称。或いはその中の1種(Daphnia pulex)の和名である。
目次[非表示]

概要

ミジンコは、甲殻類の鰓脚綱に属する節足動物の一群。水中でプランクトンとして生活する。
通常、しかいない微小動物である。
腕のようなものは触角であり、それを使って水中に前進する。
ダルマにように見えるが、あれは左右2つの甲羅であり、中身はエビのような細短い胴体である。

生態

主に淡水域に生息する、海産のものは僅かしかない。殆どの種類は水中のバクテリアを主食とし、稀に他の動物プランクトンを捕食する肉食性のグループもある。

個体数が多く、食物連鎖の底辺に座る重要な一員である。一部の種類は生息域に天敵がいると、角のある個体を産み出して防衛する術を持つ。

繁殖方法は自分のクローンを作って増やす単為生殖を行う。しかし、季節によって又は生息域に増えすぎた場合、を生み出して有性生殖を行う。雌の背中に育房という空間があり、卵と赤ちゃんはしばらくそこで過ごす。

人間との関わり

知名度は高く、プランクトンとしての代表格である。研究や魚の餌として利用される。

ミジンコ(デフォルメ)


理科の実験や写真の影響か、Pixivで投稿されるイラストは横を向いている物が多い。
対になる二つ目をもつと思われるが、実際、この目は2つの複眼から融合した1つであり、透明の頭に囲まれる。

主な種類

  • ミジンコ
  • ゾウミジンコ
  • タマミジンコ
  • ケブカミジンコ
  • オナガミジンコ
  • ホロミジンコ
  • ノロミジンコ
  • オオメミジンコ


近縁(鰓脚綱)


ミジンコの名を持つ他の甲殻類

貝虫(カイミジンコ、ウミホタルが属する)
カイアシ(ケンミジンコ)

昆虫類との関係性

かつての研究において、ミジンコが属する鰓脚類と昆虫は遺伝子的に近い結果が与えられた。従って、太古の昔(恐らくデボン期中期)の淡水にはミジンコと昆虫の共通祖先がいると思われた。海の甲殻類から淡水に進出して鰓脚類となり、そして昆虫類はそこから進化し、上陸したものだと推測された。

しかし、近年では更なる全面的な遺伝子分析により、むしろムカデエビという洞窟性甲殻類の方が昆虫類に最も近縁で、鰓脚類はそこから少し離れる系統として見なされた。

関連タグ

生物 動物 節足動物 汎甲殻類 甲殻類
微生物 プランクトン 
単眼

最強のミジンコ ベ集団 ジェンコ・コパミーノ

もしかして…

しあわせのかたち』『サンサーラ・ナーガ』に登場する「ミジンコ」をお探しだったりしないでしょうか?→ミジンコピンピン

pixivに投稿された作品 pixivで「ミジンコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382934

コメント