ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
花諷院骸羅
5
サムライスピリッツシリーズの登場人物。

プロフィール

キャッチコピー(斬紅郎無双剣)「天下一の暴れ坊主」
流派流派などない
武器銘南無阿弥陀仏
生年月日1770年11月1日
年齢
  • (零)16歳
  • (天草降臨)18歳
出生地飛騨
血ノ型O型
身長7尺4寸(約222cm)
体重36貫目(約133kg)
趣向喧嘩
家族構成あまりに乱暴者だったため、花諷院 和狆のもとに預けられた
好きなもの喧嘩
嫌いなもの修行
コンプレックス「この俺にそんなものはねえ」と語る
剣の道について「いちいち細かいこと聞いてんじゃねえ!!」この後、彼は暴れだした
尊敬する人人には言わないが、実は和狆を尊敬している
声優

概要

サムライスピリッツ』シリーズ第3作『斬紅郎無双剣』で初登場の、巨大な数珠を武器とする破戒僧。

花諷院和狆の不肖の孫とされているが、その他の詳細は不明である。

かつては名うての剣士にして退魔師であった和狆とは似ても似つかない問題児。根っからの悪党ではないが、短気でわがままな性格の持ち主で、我慢が大嫌い。おまけに道徳感に著しく欠けている。

幼い頃から手の付けられない筋金入りの不良で、喧嘩に明け暮れるなど無法の限りを尽くし、6歳の頃には早くも酒の味を覚える。その素行の悪さが原因で骸羅は更正目的として和狆の元に預けられた。しかしそれでも素行が改まらず、真面目な精神修行を毛嫌いしては、非を認めず鐘を破壊したり、骸羅に成長してもらいたいがゆえに叱責する和狆に反発してたびたび喧嘩をし、寺を飛び出してまたもや喧嘩に明け暮れ、果ては幼い命に酒を振る舞おうとする。事あるごとに何かと問題を起こす枯華院のトラブルメーカーである。

『斬紅郎無双剣』ではいつものように和狆と喧嘩して寺を出た後、途中の山道で「鬼」壬無月斬紅郎が人を惨殺する現場を目撃し、その覇気と闘気に恐怖するが、やがて自分でも理由の分からない怒りに駆られ、「鬼」を成敗するべく旅立つ。斬紅郎亡き後は、自ら「鬼塚」を作って弔っている。口が悪く、同作では伏字だらけの勝利メッセージを口にしている。

こんな厳つい顔つきとガタイがデカイので誤解されがちだが、まだ十代後半の若僧である。

なんならガルフォードよりも二歳若い。


『サムライスピリッツ零』では多くの人々から恐れられている自分を恥じ、何とかして自分を改めようと修行の旅に出ている。…結果、「ただ勢いに任せて暴れただけ」と言う結果に憤慨。そして突如現れたアースクェイク王虎不知火幻庵ナインハルト・ズィーガーに生まれ変わらせる為に頭を剃られツルッパゲにされた(なお、幻庵とアースクェイクは『天草降臨』のEDの時に書き下ろされたグラフィックだがズィーガー・王虎・和狆は初代ならびに『覇王丸地獄変』から流用されている。王虎とズィーガーに至ってはキャラもなんか変)。

この流れを汲み、『天下一剣客伝』では頭を丸め御前試合に赴くが、性格は直っていない。同作ではかつて自分の頭髪を奪った和狆やアースクェイク・王虎・不知火幻庵・ズィーガーに逆恨みを抱いている節があるらしく、毛生え薬を手に入れるために御前試合に参戦したが、エンディングにてついに自分の過ちに気付いて反省するようになり、以来人が変わったように精神修行に明け暮れ、そして残りの生涯を世のため人のために尽くした。


ちなみに初出の『斬紅郎無双剣』と『天草降臨』でグラフィックがかなり変わっているが、これは斬紅郎無双剣での立ちモーションの一コマに指が六本あるものが混ざっていた為。


キム・ウンチェ

漢字表記は金雄載。

元々は韓国版『斬紅郎無双剣』での花諷院骸羅の名前。これは韓国に同作を出荷することになった際、韓国側から「朝鮮半島出身のキャラクターを出してほしい」という要望があり、当時初参戦であった骸羅が、韓国版では朝鮮半島出身者ということにされたため。

日本では馴染み薄い存在だったが、PlayStation2移植版『天下一剣客伝』にて骸羅と別のキャラクターとして登場した。

こちらでは髪型は剃られる前の状態で使用技も『天下一剣客伝』で骸羅が使用していない技を引き継いでいるが、それ以外の性格や服装、顔などは骸羅と同じである(花諷院和狆の手を焼く問題児であるというところまで同じ。出身地も骸羅と同じ飛騨のまま)。別人というよりも、零のストーリーとエンディングを経過しなかった骸羅を別名で登場させているものと思われる。

最後に自分の過ちに気付いて悟りを開き、生涯を人々のために尽くした骸羅に対して、彼は最後まで自分の過ちに気付かずに生涯を終えたとされる。


関連タグ

サムライスピリッツ 花諷院和狆


ファン・ソンギョンバンダイナムコゲームス(旧ナムコ)から発売されている3D格闘ゲーム『ソウルシリーズ』の登場人物。シリーズ一作目『ソウルエッジ』を韓国で発売する際に朝鮮半島出身のキャラクターを必要とした為、御剣平四郎の代わりに韓国版で登場という(性能は同じ)、キム・ウンチェと類似した経緯で誕生したキャラクター。こちらは隠しキャラを経て日本でも独立したキャラとして幾つかのシリーズに登場している。

プロフィール

キャッチコピー(斬紅郎無双剣)「天下一の暴れ坊主」
流派流派などない
武器銘南無阿弥陀仏
生年月日1770年11月1日
年齢
  • (零)16歳
  • (天草降臨)18歳
出生地飛騨
血ノ型O型
身長7尺4寸(約222cm)
体重36貫目(約133kg)
趣向喧嘩
家族構成あまりに乱暴者だったため、花諷院 和狆のもとに預けられた
好きなもの喧嘩
嫌いなもの修行
コンプレックス「この俺にそんなものはねえ」と語る
剣の道について「いちいち細かいこと聞いてんじゃねえ!!」この後、彼は暴れだした
尊敬する人人には言わないが、実は和狆を尊敬している
声優

概要

サムライスピリッツ』シリーズ第3作『斬紅郎無双剣』で初登場の、巨大な数珠を武器とする破戒僧。

花諷院和狆の不肖の孫とされているが、その他の詳細は不明である。

かつては名うての剣士にして退魔師であった和狆とは似ても似つかない問題児。根っからの悪党ではないが、短気でわがままな性格の持ち主で、我慢が大嫌い。おまけに道徳感に著しく欠けている。

幼い頃から手の付けられない筋金入りの不良で、喧嘩に明け暮れるなど無法の限りを尽くし、6歳の頃には早くも酒の味を覚える。その素行の悪さが原因で骸羅は更正目的として和狆の元に預けられた。しかしそれでも素行が改まらず、真面目な精神修行を毛嫌いしては、非を認めず鐘を破壊したり、骸羅に成長してもらいたいがゆえに叱責する和狆に反発してたびたび喧嘩をし、寺を飛び出してまたもや喧嘩に明け暮れ、果ては幼い命に酒を振る舞おうとする。事あるごとに何かと問題を起こす枯華院のトラブルメーカーである。

『斬紅郎無双剣』ではいつものように和狆と喧嘩して寺を出た後、途中の山道で「鬼」壬無月斬紅郎が人を惨殺する現場を目撃し、その覇気と闘気に恐怖するが、やがて自分でも理由の分からない怒りに駆られ、「鬼」を成敗するべく旅立つ。斬紅郎亡き後は、自ら「鬼塚」を作って弔っている。口が悪く、同作では伏字だらけの勝利メッセージを口にしている。

こんな厳つい顔つきとガタイがデカイので誤解されがちだが、まだ十代後半の若僧である。

なんならガルフォードよりも二歳若い。


『サムライスピリッツ零』では多くの人々から恐れられている自分を恥じ、何とかして自分を改めようと修行の旅に出ている。…結果、「ただ勢いに任せて暴れただけ」と言う結果に憤慨。そして突如現れたアースクェイク王虎不知火幻庵ナインハルト・ズィーガーに生まれ変わらせる為に頭を剃られツルッパゲにされた(なお、幻庵とアースクェイクは『天草降臨』のEDの時に書き下ろされたグラフィックだがズィーガー・王虎・和狆は初代ならびに『覇王丸地獄変』から流用されている。王虎とズィーガーに至ってはキャラもなんか変)。

この流れを汲み、『天下一剣客伝』では頭を丸め御前試合に赴くが、性格は直っていない。同作ではかつて自分の頭髪を奪った和狆やアースクェイク・王虎・不知火幻庵・ズィーガーに逆恨みを抱いている節があるらしく、毛生え薬を手に入れるために御前試合に参戦したが、エンディングにてついに自分の過ちに気付いて反省するようになり、以来人が変わったように精神修行に明け暮れ、そして残りの生涯を世のため人のために尽くした。


ちなみに初出の『斬紅郎無双剣』と『天草降臨』でグラフィックがかなり変わっているが、これは斬紅郎無双剣での立ちモーションの一コマに指が六本あるものが混ざっていた為。


キム・ウンチェ

漢字表記は金雄載。

元々は韓国版『斬紅郎無双剣』での花諷院骸羅の名前。これは韓国に同作を出荷することになった際、韓国側から「朝鮮半島出身のキャラクターを出してほしい」という要望があり、当時初参戦であった骸羅が、韓国版では朝鮮半島出身者ということにされたため。

日本では馴染み薄い存在だったが、PlayStation2移植版『天下一剣客伝』にて骸羅と別のキャラクターとして登場した。

こちらでは髪型は剃られる前の状態で使用技も『天下一剣客伝』で骸羅が使用していない技を引き継いでいるが、それ以外の性格や服装、顔などは骸羅と同じである(花諷院和狆の手を焼く問題児であるというところまで同じ。出身地も骸羅と同じ飛騨のまま)。別人というよりも、零のストーリーとエンディングを経過しなかった骸羅を別名で登場させているものと思われる。

最後に自分の過ちに気付いて悟りを開き、生涯を人々のために尽くした骸羅に対して、彼は最後まで自分の過ちに気付かずに生涯を終えたとされる。


関連タグ

サムライスピリッツ 花諷院和狆


ファン・ソンギョンバンダイナムコゲームス(旧ナムコ)から発売されている3D格闘ゲーム『ソウルシリーズ』の登場人物。シリーズ一作目『ソウルエッジ』を韓国で発売する際に朝鮮半島出身のキャラクターを必要とした為、御剣平四郎の代わりに韓国版で登場という(性能は同じ)、キム・ウンチェと類似した経緯で誕生したキャラクター。こちらは隠しキャラを経て日本でも独立したキャラとして幾つかのシリーズに登場している。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 二次創作:侍魂

    鬼のふたたび生まれいづること

    HN64版『侍魂』の幻十郎エンディングに、なぜすでに死んでいるはずの斬紅郎が唐突に出てくるのかよく判らず、それに個人的に説明をつけてみたというか、こうではないのかと解釈してみた作品。ということで、時系列的には『侍魂』の直後、1790年の夏の終わり頃。ちなみにこのあと、冬には『アスラ斬魔伝』の一件があり、そのエンディングで幻十郎の死が描かれる(ただ、この時の覇王丸との果たし合いが、1790年の暮れだとは断定できない)。 幻十郎というキャラクターは、主人公に対する激しい敵意や執着から庵と比較されたり、あるいは中の人のせいでギースとくらべられたりもしたが、そのふたりよりはずいぶんと判りやすい人間ではある。庵は極力人間的な面を削ぎ落とされているから当然としても、ギースより幻十郎のほうが非常に即物的で、つまりは人間味にあふれているからである。
  • snk系二次創作

    牙立て彼は吠ゆる

    「せっかくだから次はサムスピにしよう」と意気込んだはいいものの、無学のせいで歴史モノっぽさが全然出せませんでした……。ポリサム三部作って、ゲーム性とグラフィックの出来が悪いせいで黒歴史扱いされてますけど、ストーリーはかなり良いと思うんですよね。(ストーリーは技術関係ないしね)そんな訳で、気分を害する様な稚作になっていますが、それでもよろしい方はどうか、お目汚し失礼します。
  • サムライスピリッツ 陸奥左近の章

    サムライスピリッツ 陸奥左近の章 プロローグ

    サムライスピリッツ修羅の刻のクロスオーバー作品、いつものように喧嘩をしていた花諷院和狆と花諷院骸羅、骸羅に対し、お灸を据えんと和狆は骸羅にある男を差し向ける。その男は和狆に言われるがままに彼の相手をする事となった。その男の名は陸奥左近、第34代陸奥圓明流継承者だった―――

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー