ピクシブ百科事典

秦崇秀

じんちょんしゅう

秦崇秀とは、「餓狼伝説」シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

◾格闘スタイル:帝王拳
◾国籍:中国
◾職業:無職
◾誕生日:1980年6月6日
◾年齢:(3-RB)15歳(RBS-)16歳
◾身長:(3-RB)169cm(RBS-)170cm
◾体重:(3-RB)59kg(RBS)不明(RB2)54kg
◾血液型:不明
◾趣味:(3-RBS)旅行(RB2)写真を撮ること
◾好きな食べ物:辛いもの
◾嫌いなもの:深海魚(顔が怖い)
◾大切なもの:兄
◾得意スポーツ:球技以外は好き
◾好きな音楽:アニメ主題歌
◾特技:(3-RB)お手玉(記録32個)(RBS-)皮肉(本人は悪気なし)
◾CV:山口勝平

餓狼伝説3から登場のキャラクターで秦崇雷双子の弟である。

6歳のときに伝染病によって両親を亡くし、貧困に苦しみながらも兄弟2人で誇り高く生きてきたが、他人に対する恨みや憎悪の気持ちも強くなっていった。14歳のとき、近所の子供たちが自分たち兄弟を馬鹿にしていたとき、衝撃が2人を襲い、気が付くと子供たちを半死半生にしていた。直後に2人は意識を失い、2人の体は2200年前の自分たちの祖先の魂に乗っ取られた。

崇秀自身はごく普通のあどけなさが残る少年であるが、彼の中に眠るもうひとつの人格である祖先「秦海龍」が目覚めると、鬼神のごとき戦闘マシンへと豹変する。
RBSからは相手に皮肉ばっかり言う性格の悪いキャラになってしまった。もっとも本人は悪気がないが。

性能

小柄な体格ゆえに通常技のリーチが短い。(ただし、小柄といっても169~170cmで、身長171~172cm(作品によって違う)のアンディ・ボガードと比べてもほぼ差がないのに、リーチはアンディよりも明確に劣る)
攻撃力も低めだが、ジャンプ攻撃が強力。また、多くの通常技が2段技になっているのも特徴。
必殺技は技バランスが整っているものの、飛び道具の性能が良くなく、遠距離戦はあまり得意ではない。『3』では兄の劣化版でしかなかったが、『RB』以降のタイトルでは移動技の帝王神眼拳によるかく乱や、超必殺技になった分だけ高性能な帝王漏尽拳(『RBS』では空中でも出せる)による回復など、独自の戦法を取る事が可能。

『NBC』では『RB2』に近い性能となっており、一部のコンビネーションアタックも再現されている。

関連イラスト

秦兄弟



関連タグ

餓狼伝説3 秦海龍 秦崇雷 双子

pixivに投稿された作品 pixivで「秦崇秀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14991

コメント