ピクシブ百科事典

キラードロイド・ペガサス

ぜうすですとろいもーど

キラードロイド・ペガサスとは、『ダンボール戦機W』に登場したロボット兵器「キラードロイド」のひとつであり、同作におけるラスボスである(メイン画像下から三番目、左から四番目の白い機体)。
目次[非表示]

「破壊、殺戮、虐殺、抹殺、排除」

概要

檜山真実(Dr.マミー)が開発したキラードロイドの完成形LBXの搭乗機としての機能を持ち、ゼウスが搭乗した際には「ゼウス・デストロイモード」と呼ばれていた。

最初にバン達が対戦したキラードロイド・ワイバーンをベースとしているが、カラーリングは白主体となり、頭部もユニコーンを意識したものに変更されている等、ワイバーンとは異なる部分も多い。
攻撃パターンもワイバーンと類似しているが、こちらは雷霆を操るゼウスを意識してか、電気系統の攻撃を得意としている。
また、弱点もワイバーンと共通であり、足の付け根を執拗に攻撃されるとバランスを崩して転んでしまう。
バンヒロ達の過去の戦闘データを記録したAIが搭載されており、常に相手の一歩上を行く行動が可能となっているが、流石にヒロの特殊能力(オーバーロード?)には対応しきれなかった様だ。
モチーフは、ギリシャ神話に登場する天馬「ペガサス」と、聖書に登場する一角獣「ユニコーン」。ペガサスは大神ゼウスから雷鳴と雷光を運ぶ役割を与えられた神の遣いであり、ユニコーン処女で無ければ手懐けられないが、その角には水を清める力があると言う。

ゲーム版『ウォーズ』では、仮想国「グレンシュテイム」が所有するラージドロイドとして登場。
セカンドワールドで一番の技術力を誇るグレンシュテイムらしいチョイスだと言える。

ゲーム版では、本機をモチーフとした武器として、両手銃「機獣(LD)ペガサスビート」と、レイピア「機獣(LD)ペガサスフルーレ」が存在する。
これらの武器は、『W』『ウォーズ』共に裏ボスバトルの「最強ペガサス」から入手可能であり、他の機獣(LD)シリーズの装備と同様に、同系統の装備の中でもトップクラスの性能を誇る
また、機獣(LD)ペガサスビートは水属性付与の武器であり、これは上述のユニコーンの設定を意識した可能性がある。

作中での活躍

軍事衛星「パラダイス」攻略作戦において、暴走したアダムとイブ(アニメ版では真実)によって呼び出され、同じくアダムとイブによるコントロールを得ていたゼウスが搭乗し、パラダイス最後の敵としてバンヒロの前に立ちはだかった。

その後、アニメ版のミゼル編では、ミゼルによって修理されたと思われる機体が、ワイバーン、ミノタウロスと共にミゼルトラウザーのガーディアンとして再登場した。
ミゼル編で再登場した際は、ゼウスの代わりにベクターが搭乗していたのだが、一部過去の映像を使い回していた為に、所々でゼウスが映り込むという珍事が発生する事になった。

一応、『W』本編におけるラスボスなのだが、真ラスボスのミゼルオーレギオンとアニメ版での扱いのせいで微妙な立ち位置となってしまった、悲劇のラスボスである。

装甲娘』において

現時点では、既存のキラードロイドをモチーフとしたミゼレムペガサスのみ登場していない状態となっている。
しかし、ゲーム内データベースのミゼレム図鑑の中には一つ空いている枠が存在しており、その枠にペガサスが入る可能性は十分に有り得るだろう。

関連動画




関連タグ

ダンボール戦機W キラードロイド ゼウス ベクター 檜山真実 アダムとイブ ミゼル ラスボス(笑)
ダンボール戦機シリーズの歴代ラスボス:イフリート / キラードロイド・ペガサス(ゼウス) / ミゼルオーレギオン / ディ・エゼルディ
ユニコーンガンダム:デザインモチーフや「デストロイモード」等の共通点がある。
ファンタシースターノヴァ:あちらに登場するギガンテス「ガラティオン(ギガティオン)」が本機との類似要素を持つ。

関連記事

親記事

キラードロイド きらーどろいど

兄弟記事

コメント