ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ダンボール戦機Wにて登場したミゼルの残滓(ミゼルズ レムナンツ)から略された敵の総称。

概要

ハッキングされたクロノスセイバー日本支社の工場設備で続々と生産されている敵メカノイドや疑似装甲娘、更には巨大キラードロイドの事を指す。

最新理論を用いて惜しみない素材や技術で製造されたミゼレムは現用兵器で倒すのは非常に困難、集団ともなると同技術を用いて作られたLBCSのみが対抗手段となる。

敵メカノイドはエターナルサイクラーの出す特殊な周波数に寄って来る性質があり、難民キャンプ用の発電所が狙われたり、それが搭載されているLBCSや移動指揮車に襲い掛かっている。
生産元の影響か、動物の姿にLBXを混ぜたような個体が多い。
それ以外の性質として、エターナルサイクラー以外でも特殊なエネルギーを発している物体・場所には寄ってくる、場合によっては暴走する性質がある模様。

巨大キラードロイドはミゼレムの中でも上位種の存在。
通常ミゼレムよりサイズが大きく、伝説の神獣がモチーフとされている。
大規模な都市破壊が主目的で開発されているため、戦闘能力も災害レベルに高い。
その一方で、イベントでは、アクシデントに対応するための急造品として粗製濫造されたり、外的要因により暴走していたり、花火の打ち上げができるよう魔改造されていたりといった珍妙な機体が登場したりする。

ファーストケースの初陣時にはトキオシティ各所をそれぞれ中隊規模のミゼレムが占拠している状況であり、なおも増加している。
セカンドケース合流後は、アテナスとセカンドケースで連携してミゼレム掃討を行えるようになったため大幅に掃討速度が上がり、第9章時点で、遂にトキオシティを解放することに成功した。

単純な機械、パーツ単位で見ても完成度は言うまでもなく高く、装甲娘パーフェクトZX3も、セリフなどでその完成度の高さについて言及している。

ストーリーの重要事項のネタバレにつき閲覧注意





















とあるキャラクターの個別シナリオにおいて、ミゼレムの制御コアを解析した際に判明した事実、それは「ミゼレムの制御OSにはほぼLBCSと変わらないものが使われている」という事だった。
また、適性所持者をミゼレム側に勧誘する行為を行っている謎の黒猫「ミュー」は、何故か秘匿されているはずの適性所持者の本名を知っていた。
これらの事柄は一体何を意味するのか…?

余談になるものの、『ウォーズ』とはパラレルワールドだが世界観自体は共有している為、ウォーズの機体も登場させるという公式の発言も含め、ここらへんが関与している可能性も無くはない(『LBX烈伝』にて、ワールドセイバーは2000年代初頭から存在するといった旨の記述がある)。


関連タグ

ダンボール戦機W 装甲娘 ミゼル(ダンボール戦機)

関連記事

親記事

装甲娘 そうこうむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミゼレム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 390

コメント