ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

防衛隊セカンドケースに所属するホーネットLBCSの適合者、以前はアテナス特殊警備に所属していた。
シーズン2では再び拡大したミゼレム被害の対策の為にセカンドケースが解体され、防衛部隊の隊長役となったと語られている。

プロフィール

誕生日9月18日
星座おとめ座
血液型O型
出身地トキオシティ オオタエリア
すきなものボディーワーク、大人の女、コスメ研究
CV大野柚布子
絵師POP


人物

見た目は小柄でかなり幼い少女に見えるが、れっきとした女子高生(カリナソフィアと同じ17歳)。
性格は気弱だが、強がってしまう時がある。
年齢不相応な幼い外見故、大人っぽい物に憧れている。
それ故ソフィアに憧れると同時に対抗心を燃やしていたのだが、最終的に自身よりも精神的にも成熟している彼女に対して負けを認める。
逆にやや幼く見えるジョーカー(ミクリヤ マココ)に対しては同格に見ているようで、ある会話で「そもそもオマエ、大人じゃないし」と突っ込まれた際には、「ジョーカーにだけは言われたくないです」と返答している。

経歴・作中での活躍

当初はアテナス特殊警備に入隊。
その実力は機動力特化の自身のLBCSをフル活用して子供一人を抱えたまま敵の攻撃を回避し切る程だが、アテナス特殊警備との初対面時にミゼレムに襲われたトラウマや元々気弱だった性格等の問題故、このまま前線で戦わせるのは危険と隊長に判断され、基礎となる部分を学び直すため防衛隊に移籍する事となった。

本編での初登場は第7章、セカンドケースのメンバーとなって前線にカムバック。
この頃には問題となっていた気弱な性格も気にならないレベルに落ち着いていた。

第9章では次の拠点となるカワサキタウンの偵察にセカンドケース全員で向かったが、アキレス・ディード(ワキタ_イズミ)の襲撃で気絶させられてしまう。
その後は、シーズン1終了時までセカンドケースとして活動した。

シーズン2ではミゼレム被害の対策の為にセカンドケースが解体され、どこかの防衛部隊の隊長役となったと語られているが、詳しいことは不明である。

性能

ノーマル

初期レアリティ★★
物理属性斬撃
ウェポンタイプ両手銃
ポジション後衛
必殺ファンクションホーミングショット
必殺ファンクションの待機時間40
連携ファンクションコンビネーションパニッシュ
EXスキルストライクモード/コード:ヘリオス


2020年7月31日からプレミアムガチャに追加されたユニット。
極端に射攻と機動に偏ったステータス配分が特徴。
また、必殺ファンクションがバフ・デバフを同時に行う強力なものであり、射撃ユニット中心の編成ではほぼ必須のユニット。

必殺ファンクション・連携ファンクション・EXスキルの性能は以下の通り。

  • ホーミングショット
敵全体に450%の射撃ダメージを与え、射防ダウンを付与し、味方全体に射攻アップを付与させる。
  • コンビネーションパニッシュ
敵全体に射防ダウン24%を付与し、敵全体に84%の射撃ダメージを与える。
  • ストライクモード/コード:ヘリオス
コアパーツの「ミューズ」を2つ装備でストライクモードが、4つだとコード:ヘリオスが発動、スキル使用条件はUゲージ最大時。
スキル効果は機動強化で、コード:ヘリオスだと超強化に変化する。

余談

旧版ではピンクのハートの形をしたフェースシールドと下半身をすっぽり収めてしまうほどの大きな浮遊装置らしき足回りをしていた。
ミゼレムクライシス版では、フェースシールドと浮遊装置の廃止、ポーズの変更、ホーネットの下半身を小型化した形状のパーツが追加された。

関連タグ

装甲娘 セカンドケース 防衛隊(装甲娘ミゼレムクライシス) アテナス特殊警備

関連記事

親記事

セカンドケース せかんどけーす

兄弟記事

コメント