ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主人公組織「アテナス特殊警備」の最古参メンバー。
クノイチLBCSの適合者。

プロフィール

誕生日10月12日
星座てんびん座
血液型AB型
出身地サイタマシティ ウラワタウン
すきなものマイナーなカップリング
CVLynn
絵師POP


人物

「ファーストケース」のメンバーの一人で、戦闘においては自身のLBCSの特性を生かした斥候役を務める、一人称は「オレ」。
戦闘以外ではLBCSやトレーラーのメンテナンス助手役を担当している。
性格は割とドライだが、思いやりがないわけではなく、仲間に対しての適切な配慮ができるタイプ。
その一方で若干押しに弱い一面も。
所属メンバーの大半が何らかの要因で暴走しがちである為、ツッコミ役を担うことが多い。

周囲には隠しているものの重度の腐女子であり、最推しジャンルは灰原ユウヤ×風摩キリトナマモノ(リバNG)。
その他のジャンルでもマイナーよりなカップリングが好みで、川村アミとはクノイチに愛着のある彼女に、隠し持っていたBL同人誌をネタに脅されて友人関係となった。
…ちなみに、イベント「抜け駆けろ!恋の泉大作戦」のイベントスチルを見る限りでは、百合もイケるクチな可能性が。

経歴

アテナス特殊警備所属の装甲娘では最古参で、所属装甲娘の初代リーダー。
現在のアテナスの組織形態を隊長と共に作り上げた功労者であり、それ故に隊長とは気の置けない仲で、何も言わずとも互いの考えがわかるレベル。
装甲娘となる前は、高校で陸上部に所属していた。

作中での活躍

作中では周りのフォローやツッコミを行う事が多いため出番は多いものの、彼女自身にスポットが当たることは少ない。
だが、アテナスに馴染む前のソフィアに助言をしたり、イチゴの出奔にショックを受けているマココを慰めたり、ハンター(ミナセ リノ)にインファイター対策のカウンター狙撃のレクチャーをしたりと、最古参のメンバーだからこそ出来る形での活躍を行う場面は多い。

ストーリー上の立ち位置としては狂言回しといったところ、だったのだが…。

関連人物

川村アミ

上述の経緯で友人関係となった「セカンドケース」のリーダー。
彼女とは対等な友人関係。

ジ・エンペラー(カタクラ ソフィア)

ファーストケース」のリーダー、自分よりリーダー向きと考え、彼女にリーダーの座を渡す。
たまに人間関係でからかったりもする相手。

ジョーカー(ミクリヤ マココ)レッドリボン(オカノシタ イチゴ)

ファーストケース」のメンバー、調子を狂わされる相手。
彼女たちが絡むと割とボケに回ることが多い。

隊長

共に現在のアテナス特殊警備を作り上げたパートナー。
彼に対する恋愛感情は全くないが、彼自身がかなりの朴念仁&彼を狙っている装甲娘が複数人いる事から、彼の周囲の人間関係については常に目を光らせている。
一方で、人柄がよくわかっている相手(特にソフィア)に対しては焚きつけるような行いをすることも。

ベクター13号

信じたかった、信じてあげたかった相手。
だがその思いは叶わず…。

性能

ノーマル

初期レアリティ
物理属性(ユニットのソートボタンでは斬撃)
ウェポンタイプダガー/ナックル
ポジション前衛
必殺ファンクション旋風
必殺ファンクションの待機時間33
連携ファンクションコンビネーションスラッシュ
EXスキルインファイトモード/グラップラーモード


『装甲娘ミゼレムクライシス』開始日の2020年5月21日から実装されているユニット。
必殺ファンクションの追加効果が特異なもので、それにより自身に対する攻撃を受けない状況で一方的に高速でのクリティカル連打を叩き込む、という忍者のような戦闘スタイルがとれる(ただし、範囲・全体技は普通に受けるので注意)。
EXスキルの発動に必要なコアパーツ「クォーク」は斬の攻撃力上昇で、その倍率は最大1.5倍であるため、ユニットのコンセプトを活かした上で無理なくEXスキルを使用できる。
装備できるACCMに斬属性強化のクノイチがあるため、上述の性能と併せ、アタッカーとしては非常に優秀。

必殺ファンクション・連携ファンクション・EXスキルの性能は以下の通り。

  • 旋風
敵単体に390%の格闘ダメージを与え、自身にターゲット除外(単体攻撃の対象にされない)を付与し、会心アップを付与する。
  • コンビネーションスラッシュ
味方全体に格攻アップ13%を付与し、敵全体に143%格闘ダメージを与える。
  • インファイトモード/グラップラーモード
コアパーツの「クォーク」を1つ装備でインファイトモードが、3つだとグラップラーモードが発動、スキル使用条件はエネミーの撃破時。
スキル効果は格闘ダメージ軽減で、インファイトモードでは1/2に、グラップラーモードでは1/4に軽減する。

余談

プラモデルを見るとわかりやすいが、クノイチは、豊満なバストによって忍び装束がはだけているというグラマラスなデザインの機体であり(バストの曲面がプラモデルでもきっちり造形されている他、ヒップも強調する形でデザインされている)、彼女自身は使用LBCSの元のLBXと比べるとスレンダーな体型(ただし平坦ではない)。
作中で指摘されることはないが。

2020年11月20日から同年12月1日まで行われた第1回「♯そうむす総選挙」では13位(総数42358票中1043票)にランクインした。
12位はレッドリボン(オカノシタ イチゴ)で20票差という接戦であった。


関連イラスト

トウモトケイ(クノイチ)模写
新らくがき



関連タグ

装甲娘 アテナス特殊警備 クノイチ
装甲娘の登場人物一覧

外部記事

攻略Wiki解説記事

攻略データベース解説記事

シーズン2-4章にて

以下、重度のネタバレを含みます。




























マココを安心させたいという想いの元、彼女を安心させる材料を得るべく、もし何かが起こるとしたら殆どのメンバーが出撃しているタイミングしかないとケイは判断、そのタイミングで自由に動けるよう隊長に許可を取り単独行動を行う。
そして懸念通り、13号が山野博士に奇襲をかけLBCSを装着可能な状態で脱走、シータを襲撃しLBCSオーレギオンのデータを「ゴーストジャック」で奪い取る。
一部始終を目撃していたケイはアテナス内の研究スペースを爆破して立ち去ろうとする13号の前に立ちふさがり、自らの心中を吐露するとともに13号に対し静かに怒りを燃やす。
そして2人は激突する事となり…。

その後、異変を察知した他のメンバーが基地に帰還、目にした光景は、黒煙を上げる基地と、基地の前で倒れている誰か。

そこにいたのは血溜りの中に倒れているケイだった。

関連記事

親記事

ファーストケース ふぁーすとけーす

子記事

兄弟記事

コメント