ピクシブ百科事典

レッドリボン/オカノシタ_イチゴ

おかのしたいちご

『装甲娘ミゼレムクライシス』の登場人物(メイン画像はサンタ版)。
目次[非表示]

概要

主人公組織「アテナス特殊警備」の一員。
メインシナリオシーズン1においてもう一人の主人公ポジションを務めるキャラクターで、レッドリボンLBCSに適合した装甲娘
アキレス(ミカヅキ カリナ)とは同期で、本編開始の2か月前の入隊。
加入順は同じく4番目。
ちなみに、名前の「イチゴ」は1月5日生まれである事が由来(スロット解放時の台詞で確認できる)。

プロフィール

誕生日1月5日
星座やぎ座
血液型B型
出身地カナガワシティ ヨコハマタウン
すきなものチーズちくわ、マグカップ
CV黒沢ともよ
絵師POP


人物

装甲娘となったのは、家族を政府指定の避難所に入れるため。
アテナスのメンバーとしては比較的古参で、「ファーストケース選考戦」以前からの所属。
性格は割とお調子者かつミーハーなところがあり、ジョーカー(ミクリヤ マココ)とはしょっちゅう漫才を繰り広げるケンカ友達のような間柄。
チーズちくわが好物で、彼女の給料の殆どはチーズちくわの購入代金に使われている。
※装甲娘世界では本格的な漁業再開が為されたのが最近であり、それ故に魚肉加工品が未だに高額であるためだと思われる。

経歴・作中での活躍

1~6章

最初期は補欠メンバーとして訓練を重ねていたが、3章で戦闘要員として初陣を迎える。
しかし、同期入隊でありながら天才的な才能・実力を持つカリナと比べ自身の実力が圧倒的に劣っている事を気にしており、カリナと肩を並べられるだけの実力を身に付けるべく、以前に接触してきた謎の黒猫ミューの誘いに乗る形でアテナスから出奔、ミゼレム側で戦闘訓練を行うことを選ぶ。
その後、6章にて再登場、「中間報告」と称してカリナと一騎打ちを行う。

8~12章

ミゼレム側に唯一残っていた装甲娘、アキレス・ディード(ワキタ イズミ)と戦闘訓練を続ける日々を送っており、彼女からLBCSの特殊機能「オーバーセンス」の存在について聞かされる。
そして、10章にて遂にオーバーセンスを完全に使いこなし、キラードロイド型のミゼレムを単独で撃破可能なレベルの実力を身に付けたためにミゼレム側からの出奔を決意するが、その直前にミューの手で対LBCS用装置「スキンフィールド無効化装置」を付けられて洗脳され、彼の傀儡と化してしまった。
その後ファーストケースの前に現れ、カリナ、ソフィア、マココに重傷を負わせる。
「スキンフィールド無効化装置」に関しては事態を重く見た山野淳一郎博士によって即座に対策が施され、二度目の遭遇時に彼女を止めることに成功、ミューの手から救い出すことができた。
12章ではミゼレム側にいた際の経験と膨大な戦闘訓練によって得た実力を披露、ミゼレム側の本拠地「クロノスセイバー社」攻略に貢献する。
ちなみにこの時点でのLBCS使用者としての実力は機体性能差を加味するとイチゴがトップとなっている(レッドリボンのLBCSの性能はアキレスジ・エンペラーより下であり、イチゴは自身の努力によってその差を埋めている)。

シーズン2

普段からオーバーワーク寸前の徹底的なトレーニングを行っている事もあってその実力は健在なのだが、「オーバーセンス」抜きでの戦闘能力が使用LBCSの性能故に他のメンバーよりも僅かに劣るものであるという事が災いし、「神威α」の対「ファーストケース」の模擬戦用データから一人だけハブられてしまっていた。
それ故に隊長の川村アミ以外の神威αメンバーは彼女の存在を把握しておらず、対面時に「誰この人?」的な反応を返される羽目に…。
…正直、泣いていいと思う。

関連人物

アキレス(ミカヅキ カリナ)

目標とする相手。

ジョーカー(ミクリヤ マココ)

ケンカ友達のような間柄の相手、イチゴのボケ・やらかしにマココがツッコミを入れるのがお約束のパターン。
彼女からの愛称?は「バカリボン」。

ミュー

自身を勧誘してきた相手ではあるが、彼の思惑に乗るつもりは最初からなく、徹底的に破壊活動・利敵行為を行うことで彼の行動を大きく妨害した。

アキレス・ディード(ワキタ イズミ)

彼女に「オーバーセンス」関連の事柄を教えた人物、互いに影響を与え合う友人のような間柄だった。

カイザ(シオミ カレン)

イチゴの真っ直ぐな姿が彼女の改心のきっかけとなった。

性能

ノーマル

初期レアリティ
物理属性(ユニットのソートボタンでは貫通)
ウェポンタイプソード/レイピア
ポジション後衛
必殺ファンクションテンペストブレイド
必殺ファンクションの待機時間71
連携ファンクションコンビネーションスラッシュ
EXスキルライジングモード/コード:ヘスティア


『装甲娘ミゼレムクライシス』開始日の2020年5月21日から実装されているユニット。
「ファーストケース」メンバーのノーマルユニットの中では彼女のみ初期配布されてない。
必殺ファンクションは、全必殺ファンクション中唯一の精神(能力変化・回復に関わるパラメーター)バフ技であり、バフ・回復を主体とした編成では非常に役に立つサポート技。
バフ・デバフ・回復量の数値に影響する精神をEXスキルで強化できるので、活用できる状況であれば発動用のパーツを付けておきたいところ。

必殺ファンクション・連携ファンクション・EXスキルの性能は以下の通り。

  • テンペストブレイド
敵単体に490%の格闘ダメージを与え、味方全体のHPを回復し、精神アップを付与する。
  • コンビネーションスラッシュ
敵全体に98%の格闘ダメージを与える。
  • ライジングモード/コード:ヘスティア
コアパーツの「騎虎」を2つ装備でライジングモードが、4つだとコード:ヘスティアが発動、スキル使用条件はエネミー撃破時。
スキル効果は精神強化で、コード:ヘスティアだと超強化に変化する。

サンタ

初期レアリティ★★★
物理属性(ユニットのソートボタンでは斬撃)
ウェポンタイプ両手銃
ポジション中衛
必殺ファンクションイルミネートボム
必殺ファンクションの待機時間44
連携ファンクションコンビネーションパニッシュ
EXスキルライジングモード/コード:ヘスティア


2020年12月16日から12月24日までの期間限定ガチャで限定実装されたユニット。
精神特化のパラメータになった他、必殺ファンクションがショック付与&斬撃耐性ダウン、連携ファンクションは射防ダウンのデバフを相手に付与できる妨害寄りな技で、またEXスキルの発動に必要なコアパーツが
Uチャージを貯めやすくなる「騎虎」からバフ・デバフ・回復量の数値に影響する精神を強化できる「シナプス」に変更され、通常版と比べて支援に特化した性能になった。
EXスキルは、ノーマル版と効果は同じだが、使用条件が「UゲージMAX時」に変更されており、メインシナリオで関りのあるアキレス・ディード(ワキタ イズミ)のノーマルユニットの支援を受けられる仕様になっている。

必殺ファンクション・連携ファンクション・EXスキルの性能は以下の通り。

  • イルミネートボム
敵単体に360%の射撃ダメージを与え、まれにショックを付与し、斬耐性ダウンを付与、さらに味方全体のHPを回復する。
  • コンビネーションパニッシュ
敵全体に射防ダウン27%を付与し、敵全体に60%の射撃ダメージを与える。
  • ライジングモード/コード:ヘスティア
コアパーツの「シナプス」を1つ装備でライジングモードが、3つだとコード:ヘスティアが発動、スキル使用条件はUゲージMAX時。
スキル効果は精神強化で、コード:ヘスティアだと超強化に変化する。

余談

旧版のゲーム内には登場しなかったが、旧版のアプリ版キービジュアルには、カリナ・ソフィア・ケイ・マココ・リノに加え、イチゴとビビンバードX(カザマ ショウ)が描かれており、当初からイチゴがメインキャラとして登場する予定だったようだ(ちなみに、ショウの方は、2020年現在はメインキャラクターになっていないものの、本編に脇役に近い形で登場しており、またキャラクターシナリオが特殊なものとなっていたりしている)。

ミゼレムクライシス版のハーフ・アニバーサリー記念にイチゴなど多くの装甲娘のイラストを担当するPOP氏がイチゴがメインの記念イラストを描き下ろしている。

2020年11月20日から同年12月1日まで行われた第1回「♯そうむす総選挙」では12位(総数42358票中1067票)にランクインした。
なお13位は同じファーストケースクノイチ(トウモト ケイ)がランクインし、約20票の差という接戦だった。

関連動画




関連タグ

装甲娘 アテナス特殊警備 レッドリボン(LBX)
装甲娘の登場人物一覧

外部記事

攻略Wiki解説記事

攻略データベース解説記事

関連記事

親記事

ファーストケース ふぁーすとけーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドリボン/オカノシタ_イチゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント