ピクシブ百科事典

泣いて馬謖を斬る

ないてばしょくをきる

三国志「蜀書馬良伝」を由来とする故事成語の一つ。
目次[非表示]

概要

三国時代の武将馬謖が街亭の戦いにおいて、諸葛亮(孔明)の指示に従わなかった結果大敗を喫してしまった。この責任を取るため馬謖は孔明から死罪を言い渡されるが、愛弟子でもあった馬謖の処刑に際し孔明は涙を流したという。

そこから転じて、「組織規律を守るため、大失態を犯した者はたとえ寵愛する部下であったとしても容赦なく処罰しなければならない」という例えとなった。

表記ゆれ

涙を揮って馬謖を斬る

関連タグ

故事成語 三国志 馬謖 諸葛亮

pixivに投稿された作品 pixivで「泣いて馬謖を斬る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント