ピクシブ百科事典

苦渋の選択

くじゅうのせんたく

この項目では遊戯王シリーズに登場するカードについて記載。
目次[非表示]
  1. やむを得ない、後悔が残るような思い悩まされる選択のこと。
  2. 『遊戯王』の魔法カード。(※本項で解説) なお、メイン画像は1と2の両方にかかっている。


OCG

「Magic Ruler -魔法の支配者-」で登場したカード。

カードテキスト

通常魔法(禁止カード)
自分のデッキからカードを5枚選択して相手に見せる。
相手はその中から1枚を選択する。
相手が選択したカード1枚を自分の手札に加え、
残りのカードを墓地へ捨てる。

解説

デッキサーチと手札選出を合わせたような魔法カード。
その反面として、手札には5枚中1枚しか加わらず、しかも相手の裁量で決まるので、一見するとかなりリスキーな魔法カードである。

しかし、本カードの真の狙いは「墓地肥やし」と呼ばれる、「墓地に居ることで効果を発揮するカード」を意図的に墓地へ送りることでコンボを成立させる戦術があり、その布石として利用することにある。
なにせ一度に4枚のカードを墓地に、しかも自分でデッキから選んできたカードを墓地送りにするのだから、墓地肥やしにはこれ以上にないうってつけの効果といえる。
欲しいカードを検索する「デッキサーチ」と「墓地肥やし」のダブル活用が可能という、かなり強力な効果を発揮する。墓地から効果を発揮するカードの多い遊戯王では、むしろ「墓地肥やし」のエースカードといって差し支えない。

いつからこちらが苦渋の選択を迫られていると錯覚した?

だが、長期戦を強いられ、デッキ枚数が少なくなってから出てこられても困るカードではある。また既に欲しいカードを手札や墓地に送ってから来ても、あまり効果は上がらない。

とはいえ、「墓地肥やし」という戦術が開発されて以降、早速制限カードへと送られ、今となっては禁止カードとなっている。
本カードの調整版が「おろかな埋葬」である。

アニメでは

乃亜編における「海馬瀬人vs海馬剛三郎」戦で海馬剛三郎が使用。
アニメ初登場となったこの話でもやはり墓地肥やしとして使われた。

GXでは「万丈目準vs万丈目長作」戦で万丈目準が使用している。

関連タグ

通常魔法 禁止カード

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《苦渋の選択》

pixivに投稿された作品 pixivで「苦渋の選択」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4208

コメント