ピクシブ百科事典

未来の想い出

みらいのおもいで

藤子・F・不二雄の漫画。1991年よりビッグコミックに連載され、翌1992年には映画化された。
目次[非表示]

概要

人生に後悔している漫画家・納戸理人が「記憶を持ったまま人生を何度もやり直す」というループものの作品。

登場人物

  • 納戸理人(メイン画像奥の人物)

主人公の落ちぶれた漫画家。

  • 水谷晶子(メイン画像手前の人物)
劇団研究生。納戸の最愛の人。


映画版

1992年に『未来の想い出 Last Christmas』として映画化される。監督は森田芳光
主人公は原作と違い、女性の納戸遊子(清水美砂)と金江(杉田)銀子(工藤静香)。原作者・藤子・F・不二雄も2周目の人生で出逢う占い師役で出演している。また、赤塚不二夫石ノ森章太郎といった大物漫画家がパーティーの客として出演している。

映画版登場人物

主人公の売れない女性漫画家。出版社主催のゴルフコンペで倒れ亡くなるが、気が付くと10年前に戻ってしまう。意外と力が強く、劇中で大の大人の男を2人倒している。しかもそのうちの1人は銀子に怪我を負わせた凶器持ちの暴漢(演:唐沢寿明)である。

もう一人の主人公で1周目では平凡な主婦。占い問屋でアルバイトをしているところで遊子と知り合う。彼女もループに巻き込まれ、2周目では1周目の記憶を使って競馬と経済講演で大儲けをするが・・・。
ファッションデザイナー。2周目以降での銀子の恋人。彼を成功に導くことが銀子の目標となる。
狂言師。2周目で出逢った遊子の恋人で、銀子が結果を知らなかったレースが行われた競馬場で出逢う。ループを匂わせる発言をするが・・・。
出版社の編集長。
銀子の1周目での夫で証券マン。
女性漫画家。遊子とは対照的に売れっ子。

余談


関連項目

藤子・F・不二雄 ループもの
谷沢直:映画版に登場する幾枚もの漫画原稿を用意した一人。

関連記事

親記事

藤子・F・不二雄 ふじこえふふじお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「未来の想い出」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 588

コメント