ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事にはアニメ未放送の内容が含まれていますので、TVアニメ派の方は閲覧しない事をオススメします。

「誰にでも カミつくうるちゃん 大好物♡」

概要

カイドウ率いる百獣海賊団、その幹部である真打ちの中でも、指折りの6人の実力者飛び六胞の1人。色々と大きな女性。
幹部として遊郭の管理・運営を担当している。

プロフィール

通称ブラックマリア
年齢29歳
身長820cm
懸賞金4億8000万ベリー
所属百獣海賊団飛び六胞
悪魔の実クモクモの実 モデル“ロサミガレ・グラウボゲリィ”(動物系古代種)
覇気武装色、見聞色
出身偉大なる航路 新世界 ワノ国
得物振袖輪入道
誕生日9月24日
星座てんびん座
血液型S型
好物みたらし団子
CV小林ゆう


人物

容姿

飛び六胞
センシティブな作品


他のギフターズと同じく頭部に黒い角が付いた女性。彼女の角は装飾……ではなく、明らかに額の端から生えているように見える

  • 胸元がはだける程に着崩した着物
  • 櫛・簪・刀などで煌びやかに飾った女髷風の頭髪
  • 片手に吹かせる煙管
等、日本の花魁を思わせる着こなしを見せる。
実際、鬼ヶ島の中には彼女の管轄地である、百獣海賊団用の遊郭が存在する。名前は『女難』。

上述した通り、百獣海賊団の中でも特に現実の日本人寄りな格好だが、単行本97巻の表紙によると金髪碧眼の西洋人風なカラーリングである事実が発覚した。因みに角は赤色
背中には「女難」の文字が刺青として彫られている他、本気で戦う際は上半身の着物を脱ぎ、胸にクモの糸をサラシのように巻いた状態で戦う。

かなりスタイルの良い美人だが、特筆すべきはその巨大な体躯。上半身だけでも、同じ「飛び六胞」であるドレークの身長、全身ではなんとカイドウを上回る長身を誇る。
飛び六胞が横一列に並んだ際には、少なくともドレークの約3倍以上、ページワンの約4倍の身長があるのが分かった。比較対象が既に高身長揃いな為、一般人と並ぶと殊更に巨大に見える。

はっきりとしたサイズ感が分かるまでは「巨人族ではないか?」とする説もあったが、彼らは大半が身長10m台である為、まず巨人族ではないと言える。また足の長さも「スタイルが良い」の範疇に収まるものであり、シャーロット・スムージーのように足長族の血を引いているようでもない模様。

性格

二人称は「お前さん」。「飛び六胞」の中でも同性であるうるティの事を「うるちゃん」と親しげに呼んでいる。自分以外の遊女達からは「マリア姐さん」と呼び慕われており、彼女自身も気さくに接している。

同じ飛び六胞の面々が、各自物騒な口喧嘩をしているのを愉快そうに眺める、不穏な雰囲気の発言も笑って流す余裕を見せる等、「大人の女性」の印象を受ける。しかし、うるティの「カイドウって馬鹿なの?」発言に対しては流石に焦りを見せており、他のメンバーと共に冷や汗を浮かべながらツッコんでいた。

他の飛び六胞達と違い、権力闘争にさして興味はないタイプ。
鬼ヶ島内で大規模な全面戦争が勃発するような非常事態でも、他の遊女達のリクエストに応じ三味線と歌を披露する等、およそ四皇の幹部及び戦闘員とは思えない、穏やかな言動を随所で見せている。
暴力を振るわれたモモの助に手を差し伸べ「まぁ可哀想…まだ小さいボーヤを血が出るほど殴って…」と発言した。
カイドウに対する接し方も部下よりは花魁らしく、しなだれかかってお酌をしたり、何かあればもてなしを優先したりしている。
大看板との仲も悪くなく、いざという時は火災のキングも彼女を頼っていたり、ブラックマリア自身もニコ・ロビンの生捕り任務を忠実に遂行しようとしたりした。

しかし、普段は比較的穏やかで余裕のある振る舞いをする彼女も、シャーロット・ペロスペローら他の海賊達の例に漏れず敵に対してはサディスト
サンジを殴打して拷問したり、サンジニコ・ロビンを頼ったことを嘲ったりした。

戦闘能力

chibi tobi-roppo


悪魔の実クモクモの実 モデル“ロサミガレ・グラウボゲリィ”(動物系古代種)
能力
  • 下半身をクモに変えられる
  • 糸を出して動きを止める
  • 足先から猛毒を出す
  • クモ化しているの口から炎を吹き出す
  • 相手に幻覚を見せる幻霧を発生させる
一般的に認知されているクモとはとても思えない能力を備えている。しかし、モデル自体があまりにもマイナー(後述)なのでどこまで能力なのかは不明。また、多頭の幻獣種の悪魔の実でないにも関わらず、クモ化している部位近辺には戯画化したクモの顔や、女性の首らしき器官が無数に生えている。下半身だけ変化しているのは「そのままクモの姿になる事を美的に許せなかった彼女が、ランブルボールで形態を変えているチョッパーと同様、薬等の方法で変型点を変えている為」であることが100巻のSBSで判明している。

メリケンサックで相手を殴る戦闘スタイルであり、ブラックマリア自身も「格闘家」と自称しているだけに、メリケンサックで相手を殴るだけではなく、火を発生させるパグSMILE能力者「輪入道」が付いた槍(振袖輪入道)を器用に振り回して攻撃する等、能力だけに頼らない覇気や槍術を駆使した高い戦闘技術も備えている。

ただし劇中では「ニコ・ロビンの生捕り命令」が出されていたこともあり、毒も牽制程度にしか使わないなど、彼女が敵を殺す気で全力で戦う場面はほぼ見られなかった。

  • マリアネット

指先から粘着性と可燃性を備えた糸を大量に放出して、相手を捕まえる。
高い強度を誇り、一度捕まればサンジも力技では脱出不可能
弱点として凍らされると粘着性も強度も失って砕けてしまう。

  • お静マリア
マリアネットで捕まえた相手を意のままに操る。

  • 花魁ナックル
メリケンサックでただ殴るだけだが、巨躯を誇るブラックマリアが殴れば相当な威力となる。

  • 行き止マリア
マリアネットで相手の攻撃を防ぐ。

  • 炎上(あたた)マリア
マリアネットに火を放ち、広範囲を炎上させる。

経歴

鬼ヶ島の突入時に他のメンバーと共に初登場。
カイドウから「息子のヤマトを見つけて欲しい」と命じられ、捜索任務が言い渡されるも、任務に就かず宴席でカイドウに寄り添う(この際カイドウからは特に𠮟責もされず、むしろ傍らに居るのを許されてもいる)。
赤鞘の侍が襲来しても特に動かず、部下に一曲披露していたりと、戦いに赴いている他のメンバーと違い余裕を感じさせる振る舞いをしていた。城内3階の宴会場にて罠でサンジを誘い込んで自身の能力で捕らえ、ロビンの呼び出しを要求する(罠……以前に、女性大好きなサンジが「遊郭」や「花魁」の言葉に反応して、本能的に突っ込んだとも見て取れなくもないが)。

そして、ロビンとブルックが宴会場に現れ部下と共に交戦する。最初は2人を相手取っていたが、途中からブルックの相手は部下に任せて、自身はロビンと1対1の勝負に打って出る。
そんな中、自身が捕えていたサンジが(置かれていた状況も状況ながら)、みっともなくロビンに「助けて」と叫んでいた姿を馬鹿にして、ロビンの怒りに火を付ける結果となり更に白熱していく。

それでもブラックマリアは自身の能力や戦闘技術、加えてロビンの能力の欠点を瞬時に見抜き容赦なく攻め立てていく。
(ロビンの半生をどこまで知ってるかは不明にしても)「仲間達のお荷物」や「世界の大物に求められるのはその”脳”‼ 手も足もいらない」と惨い暴言を言い放った挙句「人格もいらない‼ 生きてりゃいいただの道具さ‼」と狂暴性を剥き出しにした。

しかし、ブラックマリア側にはロビンを生捕りにする命令が出ていたためにトドメをさせずいたぶったことが仇となり、ブラックマリアの罵倒もエニエスロビーの一件でその不安を既に克服していたロビンには火に油を注いでいるも同然で、ロビンが2年間の修行で新たに会得した技と戦法で戦況を一転。
そして最後はロビンの切り札「”悪魔咲き(デモニオフルール)”」に捕まり、ロビンに放った「手も足もいらない」発言をそっくり自身に返された後に「”大渦潮(グランジャグジー)クラッチ”」を喰らい敗れ去った。
そしてブラックマリアが率いていた部隊も、ブルックによって全滅する結末となった。

途中で寝返ったドレークを除き、飛び六胞で最後の脱落者となり、彼女の敗北を持って遂に飛び六胞は全滅となった。

余談

  • 上記の通り、同じ女性であるうるティの事を「大好物」と呼んでおり、登場して間もないにも関わらず、一部の読者の間で様々な疑惑が浮上している。


  • 体格が近い事も相まって、巨体のカイドウの隣に居てもかなり映える姿であり、「カイドウの愛人のようにも見える」と感じた読者も多い様子。そして後に登場したとある人物の容姿から、その印象は更に強まっているらしい。

  • 「蜘蛛の能力を持つ遊女」のキャラクター像から、モデルは絡新婦と思われる。

  • 悪魔の実のモデルであるロサミガレ・グラウボゲリィは、クモの仲間でも原始的なトタテグモの仲間で、最初の恐竜が出現した頃の三畳紀中期のフランスに棲息した。
現在判明している古代種のモデルとしては、最古の生物だが体長は7mm程と、飛び六砲では一番の巨体を誇る彼女とは対照的に、最も小さい生物でもある。
また、あまりにもマイナーすぎる生物でありネットで調べても基本的に彼女の記事にしか辿り着けないレベル。そのため悪魔の実が判明した当時、未知の生物として話題になった。

  • ブラックマリアの技はどれもこれもネーミングセンスが微妙なものばかりだが、これは尾田先生が101巻のSBS「少しダサいという弱点(ウィークポイント)こそ愛せる」と語っている。

関連タグ

ONEPIECE 四皇 海賊(ONEPIECE)

百獣海賊団 カイドウ(ONEPIECE)
X・ドレーク ページワン うるティ
フーズ・フー ササキ(ONEPIECE) 

シャーロット・スムージー:同じく四皇の海賊団の女性幹部であり巨体の持ち主。
ブラックマリア:恐らく名前の由来。pixiv内でもこちらで検索した方がより多くヒットする。
ハニークイーン:「劣勢に立たされた事で、敵前逃亡をしようとするも失敗した」女幹部繋がり。

スパルダ:中の人が同じかつ、蜘蛛モチーフの悪の組織幹部
月夜野瑠璃:デジモン新シリーズに登場する中の人が同じヒロインで、こちらは小林としては珍しい女子中学生役。2021年10月からは放送回次第ではデジモンシリーズ常連のササキの中の人と同じくスーパー小林ゆうタイムになる模様。相方のデジモンを演じるのはゾロ同じ
ヴァレッタ・グレーデ:中の人繋がりかつ、こちらも蜘蛛に関する能力を行使する。性格もブラックマリア以上に残虐。ネタバレになるが、彼女はサンジと同じく足技が得意かつ炎を纏う男の手で焼き殺されている。

関連記事

親記事

飛び六胞 とびろっぽう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラックマリア(ONEPIECE)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラックマリア(ONEPIECE)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 803587

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました