ピクシブ百科事典

なにかなかった未来

なにかなかったみらい

「なにかなかった未来」とは、漫画『ONE PIECE』単行本の質問コーナー「SBS」に掲載されていた主要キャラクターの未来の姿(の成功例)を題材にしたイラストのことである。
目次[非表示]

概要

漫画『ONEPIECE』単行本のお便りコーナー「SBS」のとあるリクエストから誕生したタグ。

事の発端は第89巻における同コーナーにおいて、「エースがもし生きていたらどんな感じになるのか」「以前描かれたガープルフィの祖父)の幼少期の姿がルフィにソックリな丸い目だったが、ルフィも将来目の形が変わるのか」という旨の質問をそれぞれ受け、作者の尾田栄一郎は実際にイラストで「もしもエースとルフィが40歳・60歳になったら」を描いて回答した。

このとき、上段の横一列が順当に年齢を重ね渋いオジサマに成長した姿が描かれた一方、その下段には「なにかあった未来」としてえらく落ちぶれた醜悪な姿が描かれた。作者曰く「人生何があるやらわかりませんので、2パターン描いときました。」…とのこと。ネタを挟まないと死んじゃう病なのか…。
尾田栄一郎自身、ワンピース連載前は何回も読切や連載会議をボツにされて「連載前は(編集部)全員敵だと思ってました」と語ったりと苦労しているため、『歴史のif』には思うところがあるのかもしれない。

この回答は、読者の中でも大きな反響を呼び、以降も同様の内容でサボ(90巻)、ゾロ(91巻)、ナミ(92巻)…とそれぞれの未来の姿が描かれた(ナミに関しては、「ナミとロビンだけは絶っっっっっっっ対に描かないでください」という読者からの懇願をフリだと思って描いてしまったらしい。ロビンも今後リクエストがあったら描くつもりらしいと発言しており、その後100巻で描かれた)。

Pixivにおいては、上段の成功した未来の姿のほうが人気が高く、「なにかあった未来」という添字に肖り「なにかなかった未来」というタグが誕生するに至った。

なお、元ネタである「なにかあった未来」は一切タグ利用されていない。

他作品の場合

一方で他の作品の場合、本編そのものが「なにか」であり、なにかなかった未来こそがバッドエンドというパターンが少なくない。
主役が「なにか」あったことで成長・更生する場合や、世界を救う主役が戦いの中で段階を経て強くなる場合などである。

わかりやすい例を挙げるなら、同じ少年ジャンプの金字塔ドラゴンボールである。
サイヤ人も魔人ブウも出現は過去の戦いとは無関係に現れるため、それまでの死闘での積み重ねでZ戦士たちが強化されていなければ成すすべもない。

なにかなかった関連イラスト

40代になったルフィ・エース・サボ
40歳の麦わら一味



余談

  • なにかなかった未来のナミとロビンは共に60になっても全く老けていない前例が一応存在することから全くの不自然というわけでは無いが、当然殆どの老婆さんは普通に老けてる(そして二人もなにかあった未来の方では共にしっかり老けてる)ことを考えると、その老けるか否かの分岐路は一体何処にあるのか気になるところだ。或いはこれもまた何かの伏線か……?
  • 上述の”なにかあった未来”では金の無心を働いているケースがある。60エースに至ってはルフィからチョッパーにたかるターゲットを変えているなどの妙な生々しさなどから、これについては世界トップクラスで売れている(=印税などで相当な資産を手に入れている)漫画家である作者御本人の実際の体験が元ネタなのではというなんとも世知辛い邪推もされている。
    • なにかあった60ルフィと60エースはワンピースパーティーの第31話にインペルダウンの囚人として、同じく60ウソップはイメージ映像として登場した。
    • ”なにかあった未来”を辿ったフランキーの場合は、人間をやめたかのようにロボット、そして自分自身が戦艦になるという姿となった(なにかなかった未来の場合はサイボーグのままなので順当に老けていた)。


関連タグ

ONEPIECE SBS
未来 どうしてこうなった どうしてこうならなかった

大人化:正確に言えば最年少のルフィでも19歳なので「中年化」である。
サラダ食べて海賊王:同じくSBSのリクエストから誕生したタグ。こちらは性転換ネタ。

関連記事

親記事

SBS しつもんをぼしゅうするのだのこーなー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「なにかなかった未来」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170655

コメント