ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

北の国から』などで知られる日本の俳優

岐阜県(それも雪のほとんど積もらない南東部・土岐市)出身なのに何故か(厳しい冬や大雪を耐え抜いて来ている)北海道と間違われる稀有な人。


その口調や仕草など強烈な個性でヤクザから一家庭の父親まで、幅広い役柄を演じられる超個性派俳優。その個性の強さから、彼のものまねをするタレントも数多くいる。


来歴

岐阜県土岐市の美濃焼の窯元の家に生まれる。

短大卒業後に代用教員をしていたが教員としての自信がなく辞めようと決意、一念発起してかつて志した役者の道を目指す。

俳優座養成所に3回挑戦し47人中3人の狭き門を突破して合格。同期に井川比佐志露口茂山本學水野久美らがいる。

1957年に『純愛物語』でデビュー。アクの強い風貌からチンピラ役や殺し屋役を多く演じる。

若大将シリーズ』で演じた青大将こと石山新次郎は若大将をライバル視するがいつも軽くいなされてしまうコミカルな憎めない役柄で好評となりシリーズのレギュラーとなった。

岡本喜八監督にも気に入られ「喜八ファミリー」の一員として11作に出演。『近頃なぜかチャールストン』は数少ない主演作である。

網走番外地』シリーズでは高倉健を慕う舎弟をコミカルに演じた一方、『仁義なき戦い』ではずる賢いヤクザを演じるなど幅広い活躍を見せる。

このようにアウトロー役に定評があったが『北の国から』の黒板五郎役から素朴な父親役の印象が全国的に知られる。

大正製薬の「大正漢方胃腸薬」の「食べる前に、飲む!」は氏の出演CMで使われた決め台詞に由来する。

2010年の『最後の忠臣蔵』出演を最後に体力的な限界から事実上の引退状態となり、介護施設への出入りを繰り返していた。


2021年3月24日、老衰のため死去。


主な出演作品

映画


テレビドラマ


主な出演CM


余談

個性的な風貌からモデルになったキャラクターも多い。


「黄猿」ことボルサリーノのモデルは『仁義なき戦い』で田中が演じた槇原政吉。名前の由来は『トラック野郎』で演じたボルサリーノ2である。

谷袋署の署長酒見路夫のモデル。

東京中央新聞記者・片桐志郎のモデル。


関連タグ

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292373

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました