ピクシブ百科事典

X・バレルズ

でぃえすばれるず

X・バレルズとは少年漫画『ONE PIECE』に登場する海賊である。
目次[非表示]

CV:江川央生

概要

11人の超新星及び最悪の世代の一員と称される元・海軍少将の海賊X・ドレークの父であり、作中では故人。
息子の事は「ドリィ」と呼んでいた。
かつては海軍将校で息子からも尊敬されていたが、北の海で活動する海賊へと堕ちてからは息子に対して事ある毎に暴力を奮う父親と成り果てていた。
オペオペの実を入手した彼は世界政府相手に50億ベリーで取引をしようとしたものの、そこをドンキホーテ・ドフラミンゴ率いるドンキホーテ海賊団に襲撃され、ドフラミンゴの手によって殺害された。

ドレークとの関係

前述通り、かつては息子からも尊敬のまなざしで見られていたが、海賊へと堕ちてからは度重なる暴力を奮う自身に対して脅えるまなざしで見られるようになっており、結果的にドンキホーテ海賊団襲来時に逃亡されている。この時のドレークは19歳で実力そのものは海賊団内でも相当の実力を有していたが、その環境下に居た為か、少年と誤認されるくらいに委縮した存在になっていた。
その結果、後に百獣海賊団の一員になったドレークは僚友達に父の顛末を話した後「昔のこと」「別に恨んでいない」と答えている。

関連項目

X・ドレーク
斧手のモーガン

コメント