ピクシブ百科事典

フレバンス王国

ふればんすおうこく

フレバンスとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する王国。 原作開始時点で既に滅亡している。
目次[非表示]

概要

ローの出身地。「北の海」にかつて存在していた王国
地層から採取される「珀鉛」というの影響で国全体が童話雪国のように一面白一色なため「白い町」とも呼ばれ、かつては人々の憧れの町であった。
珀鉛を一大産業としているが、珀鉛に含まれる毒は人体に悪影響を及ぼす。王族と世界政府は産業が始まる100年以上も前に国の地質調査でその事実を知りながらも珀鉛が生み出す巨万の富に目が眩み事実を隠蔽していた。やがて国民が一斉に珀鉛病を発症すると王族は政府の手引きで早々に脱出し、珀鉛病を伝染病と思い込んだ周辺諸国は他国へ通じる通路を八方から封鎖し隔離処置を取った。他国への亡命、治療を希望する者たちも迫害され射殺されたという。生き残った国民たちは珀鉛でできた武器(セニョール・ピンク曰く「皮肉にも『鉛玉』なら無限にあった」)を使い抵抗を試みて全面戦争が勃発。これに対する反撃という口実を得た周辺諸国から一斉攻撃を受け、周囲からを放たれて滅亡した。
ローは家族、友人、恩師の全てを殺されながらも、死体の山に紛れて隣国に脱出し、珀鉛病に蝕まれながらもドンキホーテファミリーの元へと向かうこととなった。

余談

作中でこの国の描写があるのはローの幼少期の回想一話だけであるが、何の罪もない国民が病に苦しみ、周辺国の軍勢に一方的に虐殺されていく展開は読者に大きな衝撃を与えた。

因みに国境線封鎖云々とあるように、ワンピース世界では珍しく一島一国家ではなかったようである。

関連項目

ONEPIECE

pixivに投稿された作品 pixivで「フレバンス王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント