ピクシブ百科事典

翁長雄志

おながたけし

翁長雄志は日本の政治家。那覇市議、沖縄県議、那覇市長、沖縄県知事を歴任。
目次[非表示]

概要

1950年10月2日生まれ、那覇市出身。
1985年から2期那覇市議会議員を1992年から2期沖縄県議会議員を務める。
2000年から3期那覇市長を務めた後
2014年沖縄県知事選挙立候補のため那覇市長を辞職。
(那覇市長の辞職は4期目の途中。なお、ここまでは自民党所属である)

沖縄県知事選では基地移転の是非が争点となった事情から、所属していた自民党民主党の支援は得られず、県内移転反対派の日本共産党社会大衆党などの革新系から支持を集め、現職の仲井眞弘多を破り沖縄県知事に当選した。

2015年5月の訪中において李克強首相と会談した際に中国の船が沖縄の海への領海侵犯、密漁している事を取り上げなかったことに対して「私の持ち時間は10分。経済交流などの話だけで終わった」と説明している。
2016年7月中国海軍のフリゲート艦が尖閣諸島近辺の海域に侵入した際は日本政府に安全確保を要請、2017年8月には中国・台湾漁船の違法操業の徹底的な取り締まりを日本政府に要請している。

ガン発症と死去

2018年4月にすい臓がんが発覚、入院して手術を受けるなどしていたが非常に進行の早いガンであったため間も無く肝臓にも転移、やせ衰えた姿で各方面に衝撃を与えた。
12月の任期満了も近い中ではあったが、次の知事選出馬に対しては明確な発表をしていなかった。
2018年7月27日に名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての承認撤回を表明。
2018年7月30日に容体が悪化し再入院。
2018年8月9日の夕方、側近の謝花副知事が会見を行いすでに翁長の意識が混濁状態であることを認め自身が知事の職務を一時代行することを表明するも翁長の知事辞任は否定した。しかしそれからわずかの時間しか経たない同日18時過ぎ、入院先の浦添市内の病院で死去した。享年67歳。
彼の死去を受け、公職選挙法の規定に基づき同年の9月に前倒しで知事選挙が行われることとなった。

自らの後継となる知事候補として、地元建設会社の会長と自由党幹事長の玉城デニーを指名した音声を残したとされ、最終的に玉城が許諾することとなった。

基地政策の変遷

県議時代は普天間米軍基地の辺野古移設を推進、那覇市長時代は那覇軍港の浦添移転を推進し、当初は辺野古移設に賛成の立場であったが、県知事在任中は普天間基地の「辺野古移設」とされている一連の工事を(移転後、普天間の返還が保障されていないとする立場から)「辺野古新基地建設」として反対する立場となった。

関連タグ

政治家 日本の政治家 知事

関連記事

親記事

日本の政治家 にほんのせいじか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「翁長雄志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1349

コメント