ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『抱朴子』によると仙人には三種あり、生身のまま虚空に昇じて変ずる天仙、名山に遊び変ずる地仙、死んだ後蝉が脱皮するように変ずる尸解仙があるとされる。
それぞれ「上士」「中士」「下士」と呼ばれ、生身のままでは仙人になれていない尸解仙はこの三分類のうち、最も下の存在とされる。

道教の仙術理論においては己の肉体いがいのものを尸(屍)に見立てて仙人と成る方法が模索された。
11世紀の道教書『雲笈七籤』においてはが尸解する行者が用いる物として挙げられ、刀剣を用いた尸解を上尸解、竹木を用いた尸解を下尸解としている。

『晋書』72巻によると、『抱朴子』の著者・葛洪が81才で亡くなった時、その屍は生者のような顔色で体も硬直せず柔らかかったが、空衣のように軽かったといい、世間の人々は彼が尸解得仙したと考えたという。

神話・伝説の尸解仙

黄帝:舄(靴)による尸解
王子喬:剣による尸解
太公望:玉鈐六篇(『玉鈐篇』ともいい、『六韜』と並ぶ古代中国の兵法書)による尸解
張果:自分の死体の消失による尸解
楊貴妃:香嚢(かおりぶくろ)による尸解

フィクションの尸解仙

物部布都(『東方神霊廟』):皿による尸解(※)
豊聡耳神子(『東方神霊廟』):宝剣による尸解
霍青娥(『東方神霊廟』):竹を幻術で死体に見せた事による尸解
キム・ユーファ(『アクエリアンエイジ』)
魔人加藤こと加藤保憲(『帝都物語』)尸解を行い、肉体を若返えらせた。
娘々(『とある魔術の禁書目録』)「魔術を極めて神となった魔術師」たる魔神の一人。

※「自称」とされているが、彼女を尸解の実験台にした豊聡耳神子がその成果を見て自身の尸解に踏み切り、実現させたことを踏まえるとかなり真に迫ったものとみられる。

外部リンク

<論説>道教の神仙観念の一考察:尸解仙について(PDF注意)

関連記事

親記事

仙人 せんにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「尸解仙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19398

コメント