ピクシブ百科事典

ゾンビ松

ぞんびまつ

ゾンビ松とは、ゾンビを題材にした松野家六つ子のイラストやタグ・略称のことである。
目次[非表示]

概要

ゾンビを題材にした松野家六つ子のイラストやタグ・略称のこと。
アニメおそ松さんの「クリスマスおそ松さん」にて登場。「松野家のクリスマス」にて放送開始早々視聴者のド肝を抜いた。
10話でも少し登場。姿は11話とは異なる。

また「おそ松さんのへそくりウォーズ」のイベント「ニート・オブ・ザ・デッド(2016/6/17〜6/28) でも、ゾンビの格好をした六つ子達が登場した。
しゃべり方は片言だが、生前と意識はほぼ変わらないようで、六つ子同士で意思の疎通は可能のようだ。
それぞれ元ネタのホラー映画が存在するようなので、調べてみると面白いかもしれない。

へそくりウォーズのゾンビ姿

赤い中華服を身にまとったキョンシー姿。おなじみキョンシーポーズで敵に迫り、飛びつきながら噛み付いて攻撃する。
額にお札(文字は「童貞松」)を貼っている間はおとなしいが、剥がれると凶暴になり襲い掛かってくるらしい。
桃の木で作られた桃剣が弱点で、やられモーションでは胴に突き刺さっている。

いつものつなぎの上にいつもの革ジャンを羽織り、鎖付きの首輪と、カセットテープレコーダーを繋いだヘッドホンを装備している。素足
人間に捕まり調教されていたが逃亡した。また生前の記憶の記憶が残っているらしく、人間を襲う前には生前と同じポーズをキメる習性がある。
攻撃前にはビット代わりに地面から生えたゾンビの手に足をかけ、やられモーションでは青ラメの脳漿をブチまける。

深緑色の牧師姿。手には松マークのついた聖書らしき本、首からは松モチーフの十字架らしきものを下げている。
攻撃方法は、聖歌隊を率いてのヲタ芸。サイリウムがごとく光る骨を持って舞う。心なしか生前よりキレがあるらしい。
ちなみに聖歌隊の二人は、同じく「へそくりウォーズ」でのチョロ松警部の攻撃モーションに登場するモブ刑事によく似ている。

紫色が基調の軍服。軍帽には松マークとドクロが描かれ、黒いマントを羽織る。隣にはお揃いの帽子を被ったエスパーニャンコをつれている。
元々は人体実験を行う側の人間だったが、事故でエスパーニャンコと遺伝子レベルで融合。その為、攻撃する時は半人半獣のモンスターに変身する。
モンスター状態になると、服が破れパンツ姿になり、体のほとんどが筋骨隆々とした獣姿になる。背中からは同じくモンスター状態のエスパーニャンコが生え、丸太のようになった腕で攻撃する。

服はいつもの野球のユニフォーム姿だが、口元から胸元は血で汚れ、左目の眼窩から目玉の代わりに大量のウジ虫が湧き出し、釘バットを装備している。
死んでも野球がやりたいらしく、野球のボールの代わりに、自分の首を取り外してボール代わりにする。ついでにそれで攻撃する。
ゾンビらしく体が脆いのか、やられモーションでは更に上半身と下半身がちぎれてしまう。

ピンクのタータンチェックシャツに、膝丈に折られたハーフスタイルのショートパンツ姿。シャツはところどころ裂けて、爛れた(何故かハート模様の)皮膚が露出している。
生前の記憶が残っており、スマホ片手に女子の肉を食らうべく徘徊しているらしい。
攻撃モーションでは手でハートマークを作り、本物の心臓を射出して攻撃する。



関連タグ

おそ松さん 松野家のクリスマス(おそ松さん) おそ松さんのへそくりウォーズ
ゾンビ ゾンビ化 バイオハザード 地獄絵図 ホラー松 妖怪松

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビ松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3808750

コメント