ピクシブ百科事典

妖怪松

ようかいまつ

「おそ松さん」の派生タグの一つ。妖怪に扮した松野家六つ子など、妖怪を題材にした作品に使われる。
目次[非表示]

pixivのタグ

おそ松さん』の二次創作タグの一つ。
キャラクターが妖怪を演じたり、六つ子おそ松カラ松チョロ松一松十四松トド松)の誰かが実は妖怪という設定で描かれたりする。主題歌が「どろどろひゅうはおばけだけ」になるかもしれない(ならない)。
狭義の妖怪に限らず、お稲荷様八咫烏幽霊などの役柄も含むことがある。和風なものが多い。

関連ネタ等

原作『おそ松くん』ではおそ松が河童に出会ったことがある(サンデー版、電子書籍1巻)。また、イヤミに化けたキツネが出てきたこともある(キング版、同28巻)。
一方でこのタグは『おそ松さん』の二次創作から生じたが、本編のTVアニメに和風の妖怪は登場していなかった。アニメ外の版権イラストに妖怪六つ子が出るまでは基本的に非公式ネタであった。
なお、近い題材としてはTVアニメにも猫松10月31日ハロウィン仮装、鶴の恩返しデリバリーコント)の鶴おそ)、花の精時代劇おそ松さんの幽霊のトド菊などがある。第2期の「年末」の笠地蔵もありがたみの無さに妖怪かと疑いたくなる。「旅館」には自称座敷童子おそまが登場した。

アニメ外に出た妖怪六つ子の配役

元ネタ/名前おそ松カラ松チョロ松一松十四松トド松
※1 ピンナップ化け狐大天狗百々目鬼猫又ろくろ首雪女
※2 へそウォ酒呑童子青行燈大天狗九尾の狐犬神化け狸
※3 百鬼夜行松烏天狗九尾の狐酒呑童子鎌鼬雲外鏡
※4 しま松閻魔大王八岐大蛇鎌鼬化け猫山彦雪女
※5 たび松酒呑童子烏天狗黒狐カエル鎌鼬
※6 コラボカフェ鬼?麒麟河童天狗土蜘蛛?化け猫


  • ※1… 初の公認ネタ。詳細は下記。pixivに関連作品が多め。
  • ※2… ゲームのへそくりウォーズ。詳細は下記。pixivに関連作品が多め。
  • ※3… グッズ「百鬼夜行松」の描き下ろしイラスト。2017/11/3のアニメイト主催のイベント「AGF2017」にツインクル社が出品した。(関連リンク
  • ※4… ゲームのしま松こと「よくばり! ニートアイランド」(2017/9/19~2018/6/18配信)のガチャにあった「和妖怪」シリーズ。2018/1/31にストーリー付きで登場した。(Twitter
  • ※5… ゲームのたび松こと「ニートスゴロクぶらり旅」の2019年10月イベントに伴い、妖怪バンド松(後述)の覚醒版として衣装のみ登場した「大妖怪ニート」。(Twitter
  • ※6…(配役の名前はイラストからの推測)2020年2月開催のセガコラボカフェの描き下ろし。平安時代風の平安Ver.と妖怪Ver.の二種あり、妖怪はF6姿も登場。(関連リンク

描きおろしピンナップの妖怪六つ子

2016/7/25発売の「TVアニメおそ松さんキャラクターズブック 6 トド松」(マーガレットコミックス)にて描きおろしのピンナップがつき、妖怪に扮した六つ子が描かれている。全員和装。

  • おそ松化け狐(狐耳とヒゲ。尾が4つ確認できる為天狐なのかもしれない。)
  • カラ松大天狗(天狗装束に黒羽根。大天狗しか持てない天狗の羽団扇を持っている)
  • チョロ松百々目鬼(手などに目玉が複数あり、隠すためか包帯を各所に巻いている。眼鏡も着用)
  • 一松猫又(猫耳とヒゲ、二股の尾がある)
  • 十四松ろくろ首(首が長くなっている)
  • トド松雪女(白い着物。氷漬けになっている事から)
具体的に妖怪名は明記されていないが、()内補記の事から上記の妖怪に扮していると推測される。

「へそくりウォーズ」の妖怪六つ子

ゲーム『おそ松さんのへそくりウォーズ』にはこれらの六つ子が登場した。

  • 「妖怪」…六つ子が妖怪になるイベント「妖怪大抗争 赤塚区死闘編」(2016/11/22~12/6開催。は2018/2/27~3/11など何度か復刻)の衣装。衣装違いの強化版も複数ある。
  • 「物の怪」(2019年5月24日追加、☆4)一連の「妖怪」とは別の、長髪の獣人のような物の怪。「時空の歪みで誕生した超自然的な存在」とされる。その表れか、つぎはぎの装束は色々なシリーズの面影がありキメラのようでもある。一撃必殺のスキルを持つ。
  • アマビエ」(2020年4月3日追加、☆4)時節柄の話題になっていたアマビエの仮装をした松野家のニート達の姿。手作り感あふれるかぶりもの(家にある物をつなぎ合わせて作った)の下で肩車をしている。ユニットとしては6人で一つの扱い。
中でも代表的な「妖怪」シリーズについて述べる。

衣装シリーズ

  • ☆3「妖怪」が2016年のイベントと同時に実装。(参考リンク)性能は「攻撃力がかなり高い。ただし攻撃が届く距離が少し短い。」
  • ☆4「妖怪(覚醒)」が2017/4/28追加。衣装が少し違う。性能は空を浮遊するタイプで「HPと攻撃力がちょっと高い。」
  • ☆4「妖怪(闇)」が2018/2/27追加。「闇の力が発露した姿」で黒っぽい衣装。性能は「そこそこ離れた敵にも攻撃が届く。攻撃力がそこそこ高い。」
  • ☆4「妖怪(雪)」が2019/12/13追加。対空タイプ。白っぽい旅装束で笠などを目深にかぶる。ダメージを受けると雪像になる。
  • ☆4「妖怪(桜)」が2020/4/3追加。外見は「妖怪」の色違いで、春にの妖気を吸ってほんのり桜色。


六つ子の役柄

いつものニートたちに妖怪が憑依してこういう姿になっている。

  • おそ松酒呑童子 …赤鬼に変身して攻撃する。覚醒では瓢箪に乗って浮遊。お酒が大好き。
  • カラ松青行燈 …行燈の光から怪異を放って攻撃する。「闇」は2本の角を黒頭巾で隠す。話中では一人でふらりと出かけて戻ったが自分でも理由がわからなかった。百物語に呼ばれていたと見られる。
  • チョロ松大天狗 …通常の戦闘時にはエロ本を見て鼻が伸びるが、普段は長くない。覚醒では黒い翼で鎌鼬を起こす。話中では興奮すると石つぶてが降る。
  • 一松九尾の狐 …尻尾に力を集めて攻撃。油揚げが好き。話中では犬神を怖がる。予言もできる。
  • 十四松犬神 …手足が獣。話中では最強の設定だが、攻撃モーションでは十四松の気力に負ける。覚醒版では攻撃時に獣化する。
  • トド松化け狸 …笠をかぶった分福茶釜の狸。体を変化させて攻撃。「闇」は例の笠地蔵を出す。踊るのが好きで話中ではよく語尾に「♪」が付く。

イベント「妖怪大抗争」の設定

六つ子以外は人間。セリフは無く、ステージに敵役で登場した。後日、ガチャやレアおでん交換などの方法で味方ユニットとして入手可能になった。

  • イヤミ:会社帰り(騒ぎに巻き込まれた通行人の役)
  • トト子:妖怪ハンター(大きな刀で攻撃。学生ではないがセーラー服姿)
  • ハタ坊陰陽師(空中ユニット。どこまで関わっていたのかは不明)
  • デカパン:霊能者(墓石を投げて攻撃)
  • ダヨーン巫女(神楽踊りをしつつ、口から火を吹いて攻撃)

戦いに勝つとイベントポイントの人魂が得られる。
ステージの名前は「座敷ぐらし(座敷童子)」「トト目鬼(百々目鬼)」「百均夜行(百鬼夜行)」など怪異のもじり。背景はいつもの町におびただしい数の岩や鳥居彼岸花が出現して、満月の浮かぶ赤い空に魑魅魍魎の影が見える。
敵拠点は「ON-MYO-JI」とロゴの入った屋根付きのビル。「黒と金でギラギラ」した外観に、大きく描かれた五芒星マークが特徴。入口が鳥居の形で、下の壁に大極図が描かれている。

「妖怪大抗争」ストーリー(ネタバレ)

六つ子の部屋の窓から、フラッグコーポレーションが造った新しいビルが見える。ギラギラした外観だが神職のような人もいる、さながら陰陽師ビルだ。

秋の夕方、留守番の六つ子の夕食時は鍋と月見酒に決まった。ビルの近くで買い物の途中、カラ松が占い師に「イケメンになる」(逆さの五芒星マークがついた凹面鏡)をもらい、使い方を教わる。家で酔った六つ子が、教わったとおり窓に背を向けて鏡をのぞきこむと……妖怪の姿になってしまった。
はっと気がつくと朝まで酒盛りをしていた六つ子は、意識も妖怪と混ざったままに兄弟会議をして状況を確める。
町に出ると妖怪があふれ、ハタ坊の陰陽師ビジネスは大繁盛。六つ子もお祓いしてもらおうとするが、ハタ坊やトト子達に攻撃される。家に帰った六つ子だが、結界を張られて部屋に閉じ込められてしまった。強い妖怪の憑いた六つ子を戦わせて蠱毒(こどく)を作ろうとする誰かのしわざらしい。そんな中で十四松が、一番強い犬神が憑いた自分なら兄弟の体から妖怪を追い出せると言う。また、自身が青行燈だと気づいたカラ松が、結界を破るには己を「呼び出す」現象を起こす事だと思いついた。百物語をして100話目を話し終えると、カラ松が怪異の光を放って風が巻き起こり、鏡が割れて結界も消えた。そして十四松が兄弟に噛みついて妖怪を追い出し、犬神も外へ去った。平穏が戻って赤塚区の秋祭りに来た六つ子。まだ町には妖怪が結構うろついていたが、一松いわく「ほら…祭りのときは、元々色々歩き回るから。」



余談

  • 後の伝奇ミステリ編(伝奇松では妖怪ではないが)に妖怪六つ子を思わせる歌が出てくる(「酒をのみすぎるなおにになる」→酒呑童子など)。
  • 未来が舞台のイベント「アンエンプロイドは電気松の夢を見るか?」に登場した「つなぎ(無色)」の戦闘モーションも妖怪が元になっている。
  • 幕末が舞台のイベント「サムライ奇譚 怨の九十九(おんのつづら)」にも妖怪やアンエンプロイドと繋がる要素があった。ストーリーに登場する6つの入れ子の葛籠(つづら)の正体は結局わからないが、持ち主だったダヨーンいわく「葛籠がこわい話を集める」といい、フタの裏になぜか六つ子の忌み名(名前)のお札が貼ってある。主人公の異能サムライこと六つ子がそれを開けると遠吠えや青い光などの怪現象が起きた。


たび松の妖怪六つ子

ゲームのたび松こと「おそ松さんのニートスゴロクぶらり旅」には前述の着替えのほか、キツネやタヌキなどの衣装がストーリーイベントも含めて何度か登場した。
2019年には「妖怪猫又松」の着替えが登場した。和装で首にをつけ、猫耳と二又のしっぽを生やしている。

キツネやタヌキの六つ子

  • 2017年9月イベント「ニート百鬼夜行絵巻」ではニート平安京の六つ子が陰陽師のアベノダヨーンを相手に戦う。そのメインの衣装(平安松)とは別に、累計報酬から「お仕え狐」の衣装を入手できた(外見の参考リンク / ゲーム内の表記は「お仕えぎつね松」)。
  • 2018年の七夕イベントでは天で暮らすお使い狐こと「星読み狐」の六つ子が登場して、強化版の衣装は九尾の狐となった。
  • お使いの狐ではないが、2019年6月の狐の嫁入りが題材のイベントにも、山で暮らす「狐の花嫁」(花嫁狐とも。未婚)が登場し、強化版の衣装は「闇落ち黒狐」となった。花嫁狐は六姉妹なので名前が「おそ花」などに変わる(黒狐はいつもの)。
  • イベント「ニートだらけの温泉旅行」で手に入る家具に「たぬき旅館」という狸の着替えキャラが訪れる。ストーリーには出ないが、六つ子が泊まった旅館はもしかすると化け狸が営んでいたのかもしれないと想像もできる。(そういうストーリーではないが)
    • 2020年6月のイベント「不動山のぽんぽんたぬき旅館」に、温泉旅館を営むタヌキとして出演を果たした。今回の衣装名は「ぽんぽんたぬき旅館」、強化すると「紫陽花たぬき松」になる。ストーリーでは、お客として訪れたトト子を競ってもてなそうとする。
    • ちなみに「不動山のぽんぽんたぬき旅館」と連動した交換所には、「移り気きつね松」の着替え(ストーリーには出ない)があって狐と狸の形になっている。


妖怪バンド松

ハロウィンイベント「お江戸ロック妖怪大収穫祭!」(2019/10/18~10/29)ではロックフェスを行っていた商店街に妖怪が現れて妖怪の世界になる。しかし一松(主役)と同行していた両親は動じることなく、家に受け継がれてきたという陰陽師の力が宿ったアベノ式神の衣装を出す。一松は兄弟を探して事態解決に動くはめになる。
妖怪に憑りつかれたみんなは妖怪バンドのような風貌になる。六つ子の衣装は一応は式神だが、劇中では闇堕ち(?)した兄弟が勝手にこの姿になるし、衣装名も「妖怪バンド松」である。なお持っている楽器は一回も使わない。
そして色々と諦めた一松(ツッコミをことごとく無視されるので)の前にアベノダヨーンが時を越えて現れ、人々に憑いた妖怪たちの封印について助言をする。
敵キャラには、虚無僧のチビ太、六つ子を百鬼という妖怪のバックバンドにしようとするイヤミ、そして百鬼が憑りついたATSUSHIことあつしくんも登場した。

その他の関連ネタ

  • 「へそくりウォーズ」や「しま松」にはキョンシーも登場した(→ゾンビ松)。
  • ゲーム「ダメ松.コレクション」(2017/5/31~9/28配信)に、平安時代が舞台の「浄天地呪 ~新徒の祭祀~」シリーズとして4人ぶんのカードが登場した(2017年7月)。一松とトド松が陰陽師で、おそ松とカラ松が一松の式神
  • ゲーム「にゅ~パズ松さん」(2017/9/29~2019/1/28配信)の衣装にも陰陽師の十四松とトド松が登場した。


  • アニメ第2期には鬼にまつわる回があった。(→ネタバレ
  • 2018年2月発売の、ワールドコレクタブルフィギュアの「鬼松さん」。恰好はいわゆる節分の鬼(またはドリフ雷様)のような、角にアフロ虎柄パンツ。
  • 「パズ松さん」「にゅ~パズ松さん」の「鬼」シリーズの六つ子は和装。棍棒(トド松のみ巻物)を持ち、鬼ヶ島か地獄の鬼のような様相。レベルが上がると角が立派になる。おまけで小鬼の兄弟も描かれていた。
  • 「にゅ~パズ松さん」には上記とは別に、節分鬼の十四松とトド松が登場した。最初はアフロだがレベルが上がると衣装が変わった。
  • 「たび松」の節分のイベント「風雷豆まき合戦!」(2017年2月)では、ストーリーやガチャに出る衣装(風神雷神)とは別に、節分スタイルの「鬼っ子」の衣装を累計報酬から入手できた。
  • 「たび松」の限定衣装(2018年2月の交換所)として「鬼ロック松」が登場した。
  • 「たび松」の桃太郎のイベント「ニート鬼退治行くんで夜露死苦!」(2018年11月)では一松とトド松、及び、チビ太とイヤミが鬼ヶ島の鬼だった。
  • 「しま松」には2018年2月のストーリーやガチャに節分の鬼が登場した。
  • 「しま松」には「鬼書生」も出演する予定だったが、2018年6月にサービスが終了して出そびれた。しかし7月に未公開イラストとして発表され、グッズ化もされた。
    • 大正時代に六つ子の鬼が人間界でトト子の家に下宿する設定だったようだ(参考→Twitter)。人間の書生に化けた姿と、ツノの生えた鬼の姿の二通りがある(→Twitter)。


関連タグ

妖怪化 妖怪パラレル 鬼いちゃん
おそ松さん おそ松くん&おそ松さん(二次創作) 派生松
陰陽師松 着物松 宗教松 七福神松 ゾンビ松 ホラー松 落語松
おそ松ウォッチ 松野友人帳
お仕え狐/お狐松さん 星読み狐 鬼松 鬼書生
狐おそ キョンおそ 天狗カラ/烏天狗カラ松 青行燈カラ松 百目鬼チョロ 猫又一松 九尾一松 犬神十四松 闇妖怪松


(以下はBL松の派生CPタグ。競合も含む)
おそカラカラおそ狐天烏狐(天狐) 酒青青酒 
おそチョロ狐百
カラ一一カラ天猫猫烏(猫天) 青九九青 九蛟蛟九

関連記事

親記事

おそ松くん&おそ松さん(二次創作) おそまつくんおそまつさんにじそうさく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖怪松」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34975712

コメント