ピクシブ百科事典

死人憑

しびとつき

死人憑(死人憑き)は妖怪の一種である。
目次[非表示]

概要

死人憑とは、人間の死体に別の何ものかの霊が取り付くという怪異。
平たく言えば、「日本に伝わるゾンビ」である。

鳥取県にて長く患っていた百姓が亡くなり、家人が僧を待っていたところ百姓が突然立ち上がった。家人達が慌てて押さえ込むが、逆に男数人を引きずり回すほど力が強かった。

その後も百姓は酒を飲み飯を食い、一日中眠ることは無かった。しかも夏だったために数日もすると体が腐敗し、悪臭や目口から腐汁を撒き散らす始末。家人達は「何者かが取り憑いたのかもしれない」と祈祷にすがったが全く効果はなかった。仕方なく家人達は百姓を閉じ込めて家を出た。
百姓はその後も暴れまわったが、次の日には動かなくなったために家人達は慌てて葬儀を済ませたという。

死人憑が出る作品

鬼太郎シリーズで何度か見られるお話で、この死人憑を元にしたアニメは2期と5期に登場する。
基本、魑魅魍魎(ちみもうりょう)から「モウリョウ」とも呼ばれるが、死体に取り憑く鬼か獣のような外見の「モウリョウ」という固有名詞の妖怪も存在し、こちらは1期と3期と4期に登場する。違いを把握しておかないとややこしい。

2期と5期では女性の死体にモウリョウが乗り移って暴れだし、それに引かれて様々なモウリョウが集まってくるが、最終的には弱点である朝日を浴びて消滅するのが大体の流れ。
特に襲われた側が結界に入って一晩中やり過ごそうとするが、モウリョウの一種の土精によって隠れていることがバレてしまうシーンは多くの視聴者の印象に残っている。

このお話の元は、ロシアの小説「ヴィイ」のストーリーと設定を元に日本風にアレンジした水木しげるの短編「妖怪 魍魎(もうりょう)の巻、死人つき」からである。
余談だが、土精は原作、2期では単眼だったが、5期では二眼である。大きく重い瞼を他のモウリョウ達に持ち上げてもらうシーンは同じ。

関連タグ

妖怪
ゾンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「死人憑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント