ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケットモンスター金・銀並びにそのリメイク版であるハートゴールド・ソウルシルバーに登場するダンジョンで、キキョウシティの近くにある。
第2世代時点では外観が洞窟群といった感じであったが、リメイク版ではより遺跡らしい外観に変わった。
1500年前に建造されたものとされているが、何の為に作られたのかは全くの謎。石室の外壁にはアンノーンを模した古代文字が描かれ、遺跡の一区画には床一面に古代文字が描かれた空間が広がっている。
また、この遺跡にあるパズルを一つ一つ解いていくことで、アンノーンが出現するようになる。パズルは伝説のポケモンホウオウや第2世代時点で存在していた化石ポケモンを模しており、遺跡内の銅像が大昔のポケモンを模したものという解説や、古代文字の内容からそれらのポケモンが遺跡の外に生息していた、または三犬のようにホウオウが復活させた事が窺える(それを示唆するかのように第4世代ではいわくだきをする事で化石を入手できる。なぜかピーピーリカバーまで出てくる)。
特定の部屋で特定の動作をするとアイテムが入手できる。右上の小部屋ではあなぬけのヒモあなをほる、右下の小部屋ではフラッシュ、左下の小部屋ではみずのいしを使用、左上の小部屋にホウオウを連れて行けばその小部屋への扉が開く。

アンノーンノートによれば、古代人はアンノーンとこの遺跡で共存しており地下の像も彼らが作っていた。やがて異民族が来るようになると臆病なアンノーンは外に出る事が出来なかった為に古代人も彼らのためにこの遺跡を去ることにしたという。しかし、この記述だけ見ると何の為にここを去ったのかは不明瞭である。
アンノーンの形に意味があり、2匹以上集まると何らかの力を発揮するという設定、文字が先かアンノーンが先かという議論の内容から、恐らくは古代人はアンノーンを元に文字を生み出し、それを元に各地へ文字を広めたという可能性が考えられる(ズイの遺跡における「すべてのいのちはべつのいのちとであいなにかをうみだす」という碑文もこれを指していると思われる)。点字文化があるナナシマのアスカナ遺跡やホウエン地方のマボロシの場所にアンノーンが出現するあたり、他の文字文化との交流もあったようである(尤も、国外モチーフの地方にアンノーンは出現しないので、日本に当たる国の中での出来事だと推測される)。

遺跡内には不思議な力が働いているようで、ポケギアのラジオを開いてチューニングを数字式のGSCでは13.5、円形パネル式のHGSSでは中心に持っていくと「なぞのでんぱ」を拾うようになる(これはアンノーンが電波を使ってコミュニケーションしている為)。なお、遺跡はどういうわけかつながりのどうくつと繋がっており、古代人が何らかの通路に使っていたのかもしれない。

超克の時空へ」で配布されたアルセウスを連れていくと遺跡にいたアンノーン達がアルセウスに共鳴し、シント遺跡へとワープするようになる。
シント遺跡シンオウ地方の古代人がジョウトに移り住んだ事を表す遺跡であり、シンオウのズイタウンにも同じくアンノーン文字を使用しているズイの遺跡がある辺り、何らかの関係性を窺わせている。

遺跡周辺の草むらからはウパー系やドーブルネイティが、釣りをするとコイキングニョロモが出現するが、全区画を回るためには「なみのり」が必要となっている。

余談

モデルはキトラ古墳などの古墳が名物の奈良県明日香村で、名前の由来は「アルファベット」から。
BGMはどうくつ系ダンジョンに使用されるBGMが使用されているが、当時プレイしていた人達からは不気味で怖いという声も多かった。リメイクのHGSSでは怖さが和らいでいるが。なお、一部の部屋ではアレンジされたものに切り替わる。


関連タグ

ポケモン ジョウト 遺跡

関連記事

親記事

ジョウト じょうと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アルフの遺跡」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アルフの遺跡」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1274

コメント