ピクシブ百科事典

デルガドザウルス

でるがどざうるす

1998年版『GODZILLA』への登場が予定されていたゴジラ。
目次[非表示]

(トップ画像は、用意されたデザインパターンの一つ)

概要

1998年に公開されたハリウッド版『GODZILLA』の監督がローランド・エメリッヒに決まる前にはヤン・デ・ボンが監督する事が予定されており、その時にデザインされていたゴジラ。制作者のリチャード・デルガドの名を取って「デルガドザウルス」と名付けられた (オリジナルのキングコングに携わったマーセル・デルガドとは別人なので留意)。

G-Rex


(あくまでもイメージ画像)

外見はいくつかのバージョンがある。通常のゴジラを既存の恐竜に近い前かがみにしたような姿で、四つん這いも行うことも見当されていた。トップ画像のバージョンは、例えばガビアルアリゲーターを思わせるような口元が特徴。もう一つの有名なバージョンは、獣脚類のようなスタイルとがっしりした頭部、また、とくにカルノタウルスのように腕を後ろ向きにしているものである。

身長は250フィート/76.2m。口からは高熱の水蒸気を吐く。

宇宙人が地球征服の為に送り込んだ宇宙怪獣グリフォンと戦うために、超古代人が恐竜の遺伝子を改造して生み出した生体兵器であったらしい。

「羊水のような保存液」がキーアイテム。

余談

  • 高倉健が本作に登場する予定だった。
  • 1983年版の北米版ゴジラの「恐竜よりも古い時代の生物」「子供のゴジラが人間の子供と交流する」「ロシアの特殊ミサイルで倒される」などの設定は、エメリッヒ版・ギャレス版・東宝版(1984年の『ゴジラ』や『ゴジラ vs メカゴジラ』)などと似ているが、影響を与えたのかは不明 (参照)。
  • ヤン・デ・ボン時代の東宝とのゴタゴタがなければ、モスララドンキングギドラと共演していたのかもしれない。または、エメリッヒ版ゴジラや『ゴジラ・ザ・シリーズ』にも東宝怪獣の出演ができたかもしれない。
  • 後年のエメリッヒ版ゴジラやギャレス版ゴジラもデルガドザウルスの特徴や当時のプロットを受け継いでいると思われる部分もある。
  • エメゴジの異名の一つ「トラゴジ (トライスター社のゴジラ)」も、デルガドザウルスにも当てはまる事になる。


関連動画



外部リンク


関連タグ

GODZILLA
ゴジラジュニア
デカルトドラゴン...似たような名前繋がり
徳間ガメラヤンガリー…似たような立場の主役怪獣繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「デルガドザウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント