ピクシブ百科事典

リドサウルス

りどさうるす

リドサウルス(Rhedosaurus)とはユージーン・ルーリー監督の特撮怪獣映画『原子怪獣現わる』に登場した架空の怪獣である。
目次[非表示]

概要

 リドサウルス(Rhedosaurus)とはユージーン・ルーリー監督特撮怪獣映画『原子怪獣現わる』に登場した架空の怪獣である。

なお、日本で出版された書籍には「ティラノサウルスの一種」と記載されている。

名前

Rhedosaurus / リドサウルス

体色

モノクロ映画で不明であるがその後のムック本の人形の写真などからネイビーかグレー、あるいはポスターイラストのようなモスグリーンと思われる。

形態

推定全長60.96m (200ft)/推定体重500t
鎖骨は一つにつながっている。ドラキュラのように左右の犬歯が鋭く伸び発達している。
頭部から背中、尻尾にかけてトゲ状のうろこが一列に生えており背びれのようになっている。
脇ばらにもトゲ状のうろこが一列に生えておりむなびれのようになっている。
頭部から首にかけてのS字曲線が美しく骨格的な破綻がない。
両手が太く長く発達しており後ろ足より長い。(通常のトカゲ、恐竜は逆である。)
尻尾は太く頑強である。
体全体は不規則な形のうろこでおおわれる。

性質

きわめて狂暴、町を破壊・人を捕食する。

分布

ニューヨークハドソン川流域から北極海までの北アメリカ大陸

劇中でのリドサウルス

北極海パフィン湾アメリカ軍が行った水爆実験によって目覚めた1億年前に絶滅したとされる四足肉食恐竜の生き残り。
サーグッド・エルソン教授(演:セシル・ケラウェイ)が主人公トム・ネスビット(演:ポール・クリスチャン)に見せたイラストでリドサウルスと同定される。ニューヨークハドソン川流域で見つかった同種の化石から推測するに帰巣本能ニューヨークに上陸したと思われる。分厚い頭蓋骨はアメリカ軍の攻撃も寄せ付けなかった。
 灯台を破壊し、調査のため海中に潜ったエルソン教授を乗せた小型潜水艇を沈めマンハッタンに上陸した。
 アメリカ軍は大砲で応戦、電気柵と砲弾でリドサウルスを一度海に撃退するも
血液中に未知の病原ウイルス(細菌)があるらしく、攻撃で流血すると近づいた兵士がばたばたと死んでいく。
 再上陸したリドサウルスはコニー・アイランド地区の遊園地ジェットコースターで主人公トムとストーン伍長に傷跡にアイソトープ弾を撃ち込まれ苦悶の声をあげのたうち回りながら息絶える。

 本作のリドサウルスは特撮人形アニメーションの神様レイ・ハリーハウゼンの名を世に知らしめた。金属でできた骨格に各種ゴムやラテックスでできた外皮をかぶせコマ撮り恐竜人形に命を吹き込んだ。

リドサウルスと海獣ビヒモス

同じ監督の作品に『大海獣ビヒモス』がある。
こちらはハリーハウゼンの師匠、ウィリス・オブライエンが特殊撮影を手掛けた。
すでにハリーハウゼンの技術は師匠のオブライエンの技術をはるかにしのいでいたため
ビヒモスは後発の作品ながらリドサウルスと比較にならないほど完成度が低かった。
ビヒモスは核実験の放射能をあび怪獣化した恐竜パレオサウルスとなっているが
造形物はただのブロントサウルス(現在のアパトサウルス)であり「恐竜怪獣か」と論議するのもはばかられる。

弟子の作ったリドサウルスの影に師匠の作ったビヒモスあり」である。

リドサウルスとゴジラ

原子怪獣現わる』のリドサウルスは後年の『ゴジラ』に大きな影響を与えた。

『原子怪獣現わる』の原題は『20,000ファソムから来た怪獣』(1ファソムは1.8mほど) だが、『ゴジラ』は企画段階では『海底2万マイルからきた大怪獣』という思いっきりアウトな仮のタイトルが付けられていた。

また、ラヴェルの『ピアノ協奏曲ト長調』もゴジラのテーマとそっくりである。

また、当初は放射性の炎を口から吐く予定だったが、予算の都合でダメになった。このことも、ゴジラ放射火炎に影響を与えたのではないかとする海外の研究者もいる。

今であれば訴えられるほど設定や内容が似ている。ゴジラの元のアイディアであった大ダコのパニック映画も、そのまま作られていればスゴい事になったかもしれない。

ゴジラ』が訴えられもせず問題視されなかったのはおおらかな、というか法整備がされていないその時代であったればこそである。

 映画の内容は『ゴジラ』のほうが深みがあり完成度も高いが、「無」から「有」を生み出したオリジナルと、「有」に手を加えた方の出来を比較すること自体がナンセンスなのかもしれない。

特撮部分を見てみれば、人間の入ったぬいぐるみのゴジラより、ハリーハウゼンのアニメーションの方が洗練された高い技術と言えるが「ゴジラ」の方も生ゴムを焼成して作ったのギニョール人形(当時はまだ造形用ラテックスがなかった)を使うなどしてゴジラの巨大感、迫力を演出しており甲乙つけがたい。
 

恐竜の惑星』のリドサウルス

1987年の作品『恐竜の惑星』にリドサウルスそっくりの恐竜が登場する。スタジオを訪れたハリーハウゼン自身がアニメートしたという。オマージュあるいはパロデイカメオ出演のような内容でありこれを「リドサウルス」と呼んでいいかはわからないが関連するので記載した。

立体商品

他のレイ・ハリーハウゼンのキャラクターと違って版権取得が難しいため、商品化に恵まれていないキャラクターである。

  • ビリケン商会 ソフトビニール人形「リドサウルス」 絶版
  • 個人作家製作 ソフトビニール人形「いぐあな」 ただし個人製作人形であり正規許諾商品ではない。

『The Creature from 20,000 Fathoms』にて

「バボンガ」と呼ばれる。立ち上がって火炎を吐く。
バットマンロビンと共演。
ちなみに、ガメラのような怪獣がジャスティス・リーグと戦ったこともある。

関連イラスト


別名・表記ゆれ

リドザウルス レドサウルス レドザウルス Rhedosaurus

関連タグ

原子怪獣現わる人形アニメーション
ゴジラ
KAIJU:『パシフィック・リム』はハリーハウゼン作品へのオマージュも込められているという旨が公式で発表されており、「陸棲のような姿をしているが、突然海中から現れた」や「体内に内包する物質のために人類が迂闊に攻撃できない」等の点が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「リドサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285

コメント