ピクシブ百科事典

M&P

みりたりーあんどぽりす

S&W社製のポリマーフレーム・オートマチックピストル

2005年にS&W社が発売した、ポリマーフレームのオートマチックピストル。

ぱっとしない自社製自動拳銃の評価を一変すべく、現場の声やシューターたちから意見を取り入れて設計し、かつてのベストセラー「M10ミリタリー&ポリス」から名を引き継ぎ、軍や法執行機関での採用を狙った。
ロングバレル・モデルやコンパクト・モデル、マガジンをシングルカラムとした極薄モデルなど様々なバリエーションがあり、9mmパラベラム弾.40S&W弾、.357SIG弾、.45ACP弾、.22LR弾などに対応する。

2009年、アメリカの麻薬取締局(DEA)で採用され、その後も数多くの警察署で使用されている。
ベルギー国家警察にM&P9 LTCLが採用された他、カナダ、オーストラリア、コロンビア、インド、台湾などの法執行機関での採用が決まっている。

AR-15のクローンモデル(M&P15/M&P10)やJフレームリボルバー(M&P340)などにも同様にM&Pの名が用いられており、シリーズの一つとして数えられている。

ちなみに現行のS&W社の商品でM&Pと名付けられた場合、基本的には「警察機構で採用してね♪」という意味である。前述のとおりM&P(拳銃)はもちろん、M&P15もボストン市警での採用実績がある。

通常分解時にはテイクダウンレバーを操作するだけでは分解できず、スライドを開放状態にしてツールを使ってシアディスコネクトレバーを押し下げ、前方へ引く抜くという少々手間のかかる方法となっているが、トリガー操作しつつスライドを引き抜くという非公式な方法もある。

改良型のM2.0が登場予定。

関連タグ

S&W オートマチックピストル

pixivに投稿された作品 pixivで「M&P」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23459

コメント