ピクシブ百科事典

ジャイロジェット・ピストル

じゃいろじぇっとぴすとる

世界初のロケット弾用拳銃。
目次[非表示]

アメリカMBA社が開発した、ロケット弾を使用する拳銃型のロケットランチャー
本体や弾丸の見た目、使用用途は拳銃そのものであり、兵器としての区分も小火器に該当するが、銃弾が火薬による燃焼ガスの圧力ではなくロケットモーターによって飛翔するため、便宜上は世界初の片手で打てる超小型のロケットランチャーである。

性能

通常の拳銃に比べて発射音が小さい、反動が少ない、高威力という利点があり、登場直後は非常にセンセーショナルな話題となった。
映画007にも「ロケットガン」の名称で登場したほどである。

しかし、

  • 有効射程を超えると命中精度がガタ落ち。
  • 本体は構造が単純だが非常にもろい。
  • 弾丸の値段が高い。
といった問題が露呈。

射程距離に関してもある大きな問題があった。
通常の銃弾は発射直後の弾速が最高だが、ジャイロジェット・ピストルの弾丸はロケット推進であり、徐々に加速し最高速度に達すると言う代物であった。

発射した時点では殺傷能力が出る速度に到達しておらず、至近距離では玩具と見まごう程に威力が低かった。こち亀に登場した際も更衣室等によくある、ただのロッカーに至近距離であっさり跳ね返される描写が存在する)

弾丸が銃口から発射されて最低でも20~30メートル飛翔しなければ相手に十分なダメージが与えられず(※)、50メートルを超えると推進剤が尽きて命中精度がガタ落ちするため、安定して使用できるのは20メートル以上50メートル未満という有効範囲が非常に限られた武器になってしまった。
(※)参考までに新幹線などの鉄道車両1両分が約20mである。

MBA社もジャイロジェット・シリーズとしてアサルトライフル型や軽機関銃型の構想もしたようだが、上記の欠陥や弾丸の値段が非常に高いということがネックになり、早々と市場から姿を消した。

関連動画



関連タグ

珍兵器 米国面

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャイロジェット・ピストル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント