ピクシブ百科事典

M1917リボルバー

えむいちきゅういちななりぼるばー

アメリカ製の軍用回転式拳銃。コルト社製とスミス&ウェッソン社製のものが存在する。
目次[非表示]

M1917リボルバーとは、アメリカにおいて開発された回転式45口径6連発の軍用拳銃である。
当時アメリカ軍において制式拳銃であったM1911の不足分を補う為に開発、製造された。
第一次世界大戦第二次世界大戦を通じて使用され、アメリカ軍以外の軍隊や警察組織でも採用された。

概要

コルト社製の自動式拳銃M1911は優秀な拳銃であったが、第一次世界大戦への参戦による大量動員によってその絶対数の不足が問題となった。
そこで、当時アメリカにおいて最大手の銃器メーカーであったコルト社とスミス&ウェッソン社に、「既存の回転式拳銃に改修を施して軍制式拳銃弾を発砲可能とする拳銃を開発せよ」と要請を行った。
当時のアメリカ軍の制式拳銃弾は自動式拳銃に最適化された45口径ACP弾で、回転式拳銃においては対応するシリンダーさえ作れば装填して撃発させる事は可能でも、薬莢の形状からそのままでは排莢させる事は出来なかった。
そこで、スミス&ウェッソン社は、鋼板製で半月状の「ハーフムーンクリップ」を開発し、45口径ACP弾をリボルバーで使用する事を可能とした。
コルト社でも、これを利用した回転式拳銃が製造された。

コルト社製

M1911以前に制式であったコルトM1909をベースにシリンダーの寸法及び形状をハーフムーンクリップに対応させた。
初期の個体は、ハーフムーンクリップを使用せずに装填すると弾が奥に入り込んでしまい、撃発させることが出来なくなる問題があったが、後に改修を行いハーフムーンクリップ無しでも撃発させることが出来るようになった。
しかしながら、ハーフムーンクリップを使用せずに装填し発砲した場合、エジェクターが使用できない為シリンダー前方から棒を突っ込んで排莢させる必要がある。これは、スミス&ウェッソン社製の銃でも同様である。

スミス&ウェッソン社製

民間市場向けに販売していた .44ハンドエジェクターをベースに開発された。
従ってコルト社製の同名のモデルとは、使用弾薬とクリップ以外に共通点は無い。
こちらは、コルト社製と異なり初期の個体からハーフムーンクリップを使用せずに装填しても撃発させることが出来た。しかしながら、エジェクターが使用できないため、やはり排莢には棒が必要となる。
軍用拳銃であるため、ベースになった民間モデルから仕上げが簡略化され、グリップにランヤードリングが付けられた。

運用

あくまでM1911の不足を補う為の銃であったため、もっぱら後方で活動する人員が使用した。
弾薬とハーフムーンクリップのほか、ホルスターと予備弾薬を入れるアモポーチはコルト社製とスミス&ウェッソン社製の銃で共通化されていた。
アモポーチには3連発のハーフムーンクリップが6個入った為、銃に装填した分を合わせると24発携行することとなり、皮肉にもM1911(1マガジン7発 予備弾倉2本で計21発)より携行弾数が増えている。
第二次世界大戦の際には充分な数のM1911が行き渡っていたため、完全に予備火器となっていたが、サバイバルガンとしてより信頼性が高い火器を欲したパイロットらから根強い人気があった。

日本での使用

M1911等と共に戦後にアメリカから、警察などに供与された。
警察においては自動式のM1911より長命ではあったものの、平成初期にニューナンブM60やスミス&ウェッソン M36チーフ・スペシャル等に置き換えられて姿を消した。


表記ゆれ

M1917

関連タグ

アメリカ軍 警察官

この記事のカテゴリ

拳銃 リボルバー

コメント